せいじの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 玉田とレイソル

<<   作成日時 : 2006/05/09 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第一クールを無事?首位で通過したレイソル。監督の違いだけでなんて安堵感がこうも違うのか。強さが本物かはまだ未知数だと思う。横浜は負けないし、仙台も強い。札幌だってこのままだとサポーター怒り頂点状態だ。やはり3位以内が確信できるのはまだまだ先だろう。さて、玉田だ。出て行った時は仕方がないな。プロの選手として。W杯の可能性を26歳で捨てるわけにはいかない。それに確信してたのは玉田は点取り屋じゃない。玉田のスター性に負けたのかチーム構成を玉田ありきにしたころからレイソルは弱かった。点が入らなくなった。最初の入れ替え戦に出る羽目になったとき、独断と偏見だがチーム運営を考えるならば玉田を金満チームに売り飛ばし、その金で補強、運営費に回すべきと考えてた。すべてはレイソルを強くする為に。その後、玉田は悩んだ挙句に名古屋へ移籍。玉田だけならず、レイソルにとっても最良の結果だと今でも思っている。今のレイソルに玉田は本当に必要か?FW陣も怪我が多いのは予想外としても万全であれば玉田の居場所はあったのか。
キタジをポストで玉田が点を取る?お世辞にも二人ともシュートがうまいとおもえないし想像がつかない。今のレイソルが首位にいるのは一人一人の選手の意気込みが昨年のチームとは違うと思えてならない。
岡山、巌しかり。石崎さんを男にするんだと。フランサだって何が悲しくてJ2の柏に残ったのか。本人のインタビュー記事を読んで胸が熱くなった。レイソルでまだ仕事をできていない。レイソルをJ1に戻したいんだと。ふがいないレイソルをずーっと見てきた南のキャプテンシーも忘れてはならない。大谷だって7番の重さを自覚しているようだ。いまや肝心の元7番よりよっぽど輝いている。玉田はこのチームにいらない。
が最近ふと思った。谷澤の背中の28番を試合中みていて。そしてしばらく見ていなかったJ1の名古屋戦をつけたテレビで登場した11番をつけた玉田。蛇足だが玉田のゴールの成績はそのままチームの成績と比例している。そして今日、代表でゴールは取れなかったが久々に躍動する玉田の背中の28番。
玉田はレイソルに戻るつもりじゃないのか。あれだけ柏時代に28番に愛着をもち、代表でも28番。なのに名古屋では11番だ。
名古屋での仕事は点を取る事。11番なのだ。28番である事に彼はこだわりを感じていない。谷澤に28番を預けただけだからじゃないのか。
あくまでも仮説だがそうだとしたら玉田を迎え入れ、居場所を感じられるようなチームになっていて欲しい。J1で。そして玉田君、W杯で点を取って帰ってくるのが柏サポへの最大のお土産だ。

どこかのスポーツ記事でこの背番号の謎はちっとも謎ではなく、すでに語られているのだったらちょっと恥ずかしい。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
玉田とレイソル せいじの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる