せいじの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 柏レイソル100年構想

<<   作成日時 : 2006/08/13 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年の入れ替え戦を彷彿させる惨敗ぶりを喫したレイソル。昇格後云々の話が出始めていたが4位チームとたいした勝ち点差があるわけでもなく、混戦がまだまだ続くかもしれない。
さて、柏は昨年の降格を機に、サポーターズカンファレンスを開催。主旨としては柏レイソル側とサポーターで柏レイソルを良くする為にはどうすれば良いかを話合う。すでに7回目を迎えるそうだ。その7回目の定員10名募集に何気に応募したら当たってしまった。相当くじ運が悪い自分が当選するという事はよほど皆さん、そこまではしないという事で定員割れしたのか応募に書いた熱いメッセージが感動を呼んだのか。いずれにせよ冷やかしに行くわけには行かないので日頃考えている事が理屈に合っているかをチェックする意味でもちょっと調べものをしてみた。まずは過去6回分の議事録に目を通してみた。確かに良い意見が多いようだ。中にはそうそうと共感する意見が出され、実際に改善されている事も気が付く。フロントの姿勢に拍手を送りたい。一方でどうしても言いたい事がある。
降格した時に頭をよぎった自分がもっとも恐れたのは何か。今でも恐れている事は何か。嫌だけどJ2でも下位低迷したとしてもそれ以上に嫌な事とは。それは柏レイソルが無くなる事に他ならない。横浜Fが無くなった発端は二大スポンサーが相次いで撤退を表明した事からではないか。日立という会社が嫌いなわけではない。でも日立だって一企業である。調子悪い部門は切るし良くても売る場合だってある。それが企業だ。ちなみに15年前くらいだと日立とトヨタは同じくらいの大きさの会社であった。その後日立は縮小してしまい、逆にトヨタは1兆円の利益を計上するくらいまで成長した。言いたいのはグランパスが安全とうい事ではなく企業頼りである限りその企業がチームを手放すリスク(サポーターにとって)があるという事だ。このリスク対策を取り始めるべきではないか。まずはレイソルの問題としてあまりにも世界観がない事があげられると思う。仕事で韓国の会社やアメリカ人とレイソルの話になった事がある。彼らが口をそろえたのが興味を持ってもまず柏レイソルの情報がない。深刻なのは韓国にいたっては何人のワールドクラスの韓国代表がかつてレイソルで活躍したであろう。プロ野球の4番の韓国人の活躍には韓国スポーツ紙は熱狂している。そんな彼らが国技でかつその代表の活躍を情報として確認できないのである。サッカー後進国と言われるアメリカ人がサッカーに、しかもレイソルに興味を持ってくれても情報は皆無なのである。問題はWEBを外国語で用意しろという事ではなく、レイソルの世界観のなさぶりを言っている。日本のJの他チームのサイトをいくつか見てみた。一番充実していると思われたのは浦和レッズ。でも足りない。
世界観を持つとは何か。FCバルセロナが良い例だと思う。世界のサッカーファンはバルサを知っている。選手だって知っている。グッズは世界中手に入るしファッションにすらなっている。何故か。認知度が高いと言えばそれまでだがそれは結果的にである。答えはバルサというチームが世界観を持っているからであろう。レイソルが世界観を持ち出す事により、間違いなく支持層の展開、外国人および選手へのイメージアップにつながる。そんなわけのわからないチームに行くなら契約料を高くしろ!という外国人選手との交渉もレイソルの知名度、バリューが上がる事によって変わってくる。言うまでもなく選手契約は直接経営にも響く。
そして世界観を持つ事による最大のメリットは冒頭に言った懸念に対する打開策になるという事である。レイソルという価値が社会的に上がれば一企業の気分で左右されてしまうスポンサー頼りの経営から脱出する事が容易になってくる。
柏レイソルの価値は柏に存在して初めて価値があるチームにしたい。

そのためにはまず世界観を持ち、柏レイソルという価値を上げる事。
それはただ強いチームにすれば良いという事で絶対にない。長い目でみたら弱い時期が無い方が奇跡だ。
柏レイソルというプロ興行をビジネスとして捉えてくれる企業が日立がいなくても出てくるように今か手を打つべきだ。手始めはWEBの外国語用意かもしれない。でもコンテンツがしょぼければ意味がない。やらないほうがましだ。
契約ブラジル選手の地元取材をするのも手だろう。そのときに目いっぱい現地交流をすればいい。子供を何人か日本のレイソル戦に招待するのもありかもしれない。

何もスポンサー無し100%市民で運営するソシオ方式でバルサを真似しろとは言っていない。ただ一企業が100年後も繁栄している可能性は本当にわずかである事をサポーターもcひょっと考えても良いのではないか。自分の孫の代までレイソルがありますように。
阪神ファンのように産まれたときからレイソルサポですと言える世代がくるように。
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
柏レイソル100年構想 せいじの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる