せいじの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛すべきランニング仲間?達

<<   作成日時 : 2006/09/24 09:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

写真掲載はとてもできないけど朝走るとやはりすれ違う他ランナーに気が付く。走り初めて2年近くになったが常連さんで結構ユニークな方がいる。僕の中では勝手にニックネームをつけ、すれ違う事ができたり、川の対岸でお見かけするとちょっと嬉しくなる。そのユニークな方々を何名かご紹介。
  トップバッターはサンダルランナー。この方は時間帯は昼間から午後にかけて。お会いす場所はいつも同じエリア。とにかくすぐわかる。後方からものすごいサンダルのぺったん、ぺったんという音を立てて抜きさっていくのである。一応、こちらもキロ6分以下のジョギングペースだが推定キロ4分くらいのペースで走られているはずだ。ほぼダッシュに近いスピード。格好は音の通り、草履のようなサンダル、短パン(といってもランニング用には見えないベージュのバミューダみたいな)、そして白いTシャツ。スイカ売りのあんちゃんという格好。ランニングフォームはこれまたユニークで両手を左右の腰にあて、決して腕は振らない。何故草履、サンダルなのかいまもって不明である。
  お次はスティックおじさん。朝に良くお見かけする方。とにかくバット、ラケット、ゴルフクラブと何かしら棒系のスポーツグッズを振り回しながら迫ってくる。いつもすれ違いがてらにいつか殴られるのではないかと緊張感が走るかたである。
  それからレインボーマン。子供の頃に見ていたレインボーマンから名前を拝借したがとにかく顔面までマスクとサングラスとでいつもカバーされており、正体不明なところがレインボーマンっぽい。あれで良く走れるなと感心するが毎朝、必ずいらっしゃる。実はセレブなのかも知れない。でも鶴見川にセレブが走っているとは考えにくい。それに結構お歳っぽい。
  お次は『横井』さん。この方は間違いなく、旧日本兵の世代の方だと思われるぐらい御高齢者。何となくいつか倒れているのを自分が発見するのではないかと嫌な予感をしつつ、お会いできると安心する。ペースは超がつくぐらい遅い。足がうごめいている世界。(真面目に自分も歳をとった時にもこうありたい)。格好が麦わら帽子に旧日本兵っぽく手ぬぐいを顔にたらしている。運動靴ははいていてるがあとは白いランニング(ランニング用じゃなくて)とベージュのバミューダ。腹巻をしていそうだがしていない。すごく元気な方である。
  他にもゴールドおじさんとか鉄アレーあんちゃんとかいるがまたいつかの機会に登場してもらうかと思っている。彼ら楽しいランナー達が僕のつらいランニングを支えてくれてありがたい限りである。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
愛すべきランニング仲間?達 せいじの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる