せいじの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 気合入りすぎると見えなくなる。

<<   作成日時 : 2006/10/29 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

今日の横浜戦。一心同体のカンバン登場。ところがまるで前が見えない。果たして成功だったのだろうか。気合入りすぎると見えなくなる。今日の試合を象徴していたのかもしれない。前半は探るようにリスクを犯さないサッカーが両チーム続く。そしてレイソルが歓喜の先制。またかと思わせるアウグストのハンドを見逃した副審のアシストも利き、横浜も負け時と前半残り少ないところで同点。ただハンドはバックスタンド側を向き、主審の死角での出来事でアウグストの巧妙なプレーとも言えるし偶然とも取れるのであまり文句は言えず。後半に入りディエゴの突進でPKをもらいアレモンのおよそ紳士的と思えない、しつこくディエゴの集中力を途切れさせそうとする妨害を乗り越えディエゴが冷静に勝ち越し点を決める。そして今度はフランサの奇跡的な折り返しにまたもやディエゴが押し込み3−1。さすがに残り10分で勝ったと思えた展開だった。ところがである。嫌な予感がしたのはまず近藤投入。平山アウト。近藤の感動的なカムバックはわかるがあそこで連携が乱れないか心配した矢先に予感が的中。レイソル必勝守りを握り締めるのもむなしくアレモンに連続ゴールをアッと言う間に奪われ、同点にされる。確かに下を向くなと選手に言いたいがその前に自分が下を向いてしまう。
画像

敗戦に等しい試合だっただけに悪かったところばかりに目がいく。それにしても今日はピントの出来はすごぶる悪さだった。相手GKとのキック力の差は歴然。
ジャストミートしてもピントのボールはやっとこハーフラインを超える程度。しかも大半がミスキックぽく、殆どのキックはサイドアウトかまるでチャンスを生まないキックだった。途中からスタンドで失笑を招いていた。ピントには悪いが余りにも信用に値しないGKぶりを存分に見せつけてくれた。彼に頼らなければならないのなら先は暗そうだ。南の復帰は残り5試合必勝の必須条件だろう。蔵川も今日は終始あまり目立ったプレーは無かった。
一方で巌は凄いの一言。あの相手のチャンス潰しの的確な読みとポジショニングはもはや天才的に思えた。印象悪かったのが石川。石川も頭まで剃って頑張っているのは認めるが空中戦は殆ど負けているしサイドで突破された時も半ば置き去りにされていた。相手は間違いなくタツヤより遅くてもだ。彼も猛省が必要だ。
平山のブルペンエース本領発揮の期待感のないFKも健在だった。もう平はFKは蹴らない方がいい。残り5試合気合だけじゃない。冷静に成功確立が高い人間だけに蹴らせるべきだ(って誰だっけとハタと思うが)
とにかく。もう後がない。
いよいよアウェーの神戸に勝利が絶対条件となってしまった。今シーズの運命を決める試合になりそうだ。それにしても仙台がJ1昇格が消滅とあったがまだ4位以外のチームで3位に入れる可能性があるという事なんだろうか。今日の試合の落胆のあまり計算する気もおきないが。残り全勝あるのみ。まずは神戸から3点くらいは奪って勝利して欲しい。ていうかいいかげんに勝て!!!どこまでもついていきますが。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[横浜FC]J2第47節 対柏レイソル戦@日立柏
柏 3(1-1)3 横浜FC 14:04キックオフ 日立柏サッカー場 得点 柏 岡山(27分)、 ディエゴ(67分、69分) 横浜 アウグスト(43分)、アレモン(82分、84分) 警告 柏 山下(33分) 横浜 小野(9分)、 中島(47分)、早川(53分) 出場選手 柏 GKノグチピント、DF蔵川、岡山、小林、石川 ...続きを見る
ウタカタ ノ ヒビ
2006/10/29 09:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イエローハウスでご一緒したTです。ブログもやっていたんですね。この日はこちらも凹みました。今でも平常の80%かな。
チケット購入が遅く、この日はAR席端の前から6列目。周りは両サポが半々。岡山、ディエゴの得点のたびに半分が立ち上がり、高揚感一杯。3点目が入った後もいけいけの状態で、後のFCサポの「まだまだ」との声も余裕で聞き流していました。
でも残り10分から急にばたばたし出し、嫌な予感が。そして目の前での2失点。残り10分で2点を守れない。しかも、ともにきれいに決められたわけではなく、子供の試合のようなゴール前のごちゃごちゃからの失点。
後のFCサポの「3対3なんておれたちのサッカーじゃねえ」「落ち着け、落ち着け。おれたちが興奮してどうする」「引き分けで十分」という声を聞きながら、逆転されないことだけを祈っていました。
勝ったら携帯に電話するつもりでしたが、気付いたら無言のまま駅へ歩いていました。神戸戦は出張先で気をもむことになりそうです。レイソルはつくづく、サポの心を鍛えてくれますね。
北斗
2006/11/07 13:13
ありゃま。お恥ずかしいものを発見されてしまいましたね。こうなったら神戸でも行くかとぶつぶつ考えながら歩いていたら危うく子供を群衆に忘れてくるところでした。神戸どころか台湾、ブラジル出張が入ってしまい、18日も札幌戦もチケット購入済みなのに観戦赤信号点灯中です。
まずは目先の台湾出張変更を画策中。もう、すっかり入れ替え戦覚悟しつつあります。そうは言いつつ、頼むよ本当にという心境ですが。
せいじ
2006/11/08 23:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
気合入りすぎると見えなくなる。 せいじの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる