せいじの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Challenge 7

<<   作成日時 : 2006/10/14 18:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベルディーに快勝。今日はどうしても柏の葉へいけず、テレビ観戦。祈るような気持ちと緊張感で一杯。そんな不安を吹き飛ばすような溌剌としたレイソルのプレーが続く。
 そして待望の先制点!蔵川が右サイドから相手DFをあざ笑うかのようなフェイントで抜け出し、ニアのディエゴへ。ディエゴからボテボテで戻ったボールを蔵川がネットを突き刺す。まだ緊張解けず。
 10分後の前半36分、負傷したディエゴに交代したユキヒコが自陣から前線の亮へフィード。亮が冷静に中央に走るリカへパス。リカがこれまた走りこんだタツヤへラストパスを決め、
ドカンっと2点目。興奮のルツボ。そしてわずか数分後にまたもや蔵川が切り込み、折り返したフランサのボールをユキヒコが押し込む。3点目が入る。見ていて泣きそうになる。
 後半の4点目もユキヒコからのボールをフランサがキープし、走りこんだタツヤが豪快にゴールに突き刺した。得失点差を考えると平本の1点は余計だったがあれは事故としか言いようが無い。近藤復帰の嬉しい姿も見られ、本人の試合後の笑顔は本当に嬉しそうだった。気になるのはディエゴ。ここにきて全治○○週間とかにならないで欲しい。祈る気持ちだ。
 今日は偶然試合前の番組で岡山のインタビュー。これがジーンときた。野々村芳和がInterviewerで岡山にゲーフラについてまず話を振る。岡山はとにかく柏にきて良かった。最初はイシさんを男にしようというのが柏にきた動機の100%だったが今は違う。サポーターがとにかく熱いし暖かい。ゲーム中も怒られるイシさんのベンチ側よりも励まし、褒められるサポーター側(バックスタンド側)へついフラフラ行きたくなる。そんな一緒に戦ってくれているサポーターと一緒にJ1に行きたい。
 昇格争いに関しては、全然上がれるとかもう大丈夫とかいう感覚がなく、一試合、一試合が必死。でも上がれたらビールかけはサポーター何千人と一緒にやりたい。自分でもスポンサーのサッポロビールさんに企画を持ちかけているとかとか。野々村さんには馬鹿だなと言われてたがまるで意に返さない雰囲気が岡山の愛される理由だろう。
 ちなみに来週の岡山だそうで。見逃し御法度だ。
ただ、岡山の言っていたチームの状態が今日のディエゴを欠いた後の負の要素を見事跳ね返せた要因になっていた気がした。チーム全体で勝とうとしている。同じ目標に向っている。よく言えば選手層が厚いのだがそれ以上のものを感じた。出れた選手は120%の力を出そうとしている。レギュラーポジションを失い、ようやく出場がかなった亮の頑張りもそうだし、タツヤの2ゴールもそうだった。突然出番がまわってきたユキヒコもそうだ。
 そして蔵川。出番が無かったシーズン前半に良く腐らずにモチベーションをキープできたものだ。今日のはMVPは蔵川と言っても過言ではないと思う。
 近藤も復帰できた喜びもつかぬま、試合に出れる喜びを得る為には不在中に活躍しているDF陣からポジションを奪わなければならないというポジティブな状況に間違いなく飛び込んでいくであろう。そして次はどうもアウェーに弱いレイソルにとって油断してはならない愛媛戦だ。これを落とす事は許されない。ディエゴ出場は危ういかもしれないし、山根もまたいない。今日の試合のようにチャンスを得た選手達が獅子奮迅の活躍をしてくる事を願ってやまない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Challenge 7 せいじの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる