せいじの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 望のプレゼント

<<   作成日時 : 2006/11/26 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 FC横浜が優勝を決めた後のキックオフ。巌の美しいゴールの後、ゲーフラにもあった、石川が決める気がするが現実となった2点目。ここまでは良かった。途中経過では神戸は1点ビハインド。ところがフッキの動きについていけていない祐三が気になっていた矢先に悪夢の逆転劇がはじまる。結果、今シーズン最悪クラスの逆転負けを見舞われてしまう。
 今期のレイソルはここを勝っておけばという試合を何度落とした事だろう。何点リードしていても何度追いつかれた事だろう。思えば開幕戦の湘南に試合終了間際に同点にされ、勝ち点2を失った。そして最後も何の因果か湘南が相手である。経営的に絶対的なFWのフッキを来期手放さなければならない札幌同様、湘南もまた同じ県内に4つもチーム抱える状況下で思うように観客動員を稼げず、経営に苦しんでいる。その湘南には忘れてはいけない、我等が望がいる。
 望は戦力外をレイソルから通知され、引退を拒み、生涯レイソルを殴り捨て、単身湘南に渡った。プロとして。その望が今日、リードする神戸に対して後半ロスタイムに同点弾をヘッドで叩き込んだ。
 敗れたレイソルの結果から見れば神戸は勝てば最終節を残して実質2位確保だったのが望の同点ゴールで露と消え、レイソル同様、最終戦勝たなければならないというとてつもないプレッシャーを負う事になった。もしかしたらレイソルにとってもこの望のゴールはシーズンを振り返った時にかけがえの無いプレゼントになるかもしれない。
『希望』と『望み』のプレゼントだ。先輩プロからのレイソル戦士達へのメッセージ。プロとしてあきらめないという姿勢のメッセージではないだろうか。
神戸は最終節アウェーであの仙台とだ。ボルジェス、ロペスはJ2屈指のコンビだ。主力2枚欠いてそう簡単に勝てる相手ではないはず。
 一方のレイソルは何の因果か開幕戦と同じ相手の湘南。望が待ち受ける。ただ神戸とレイソルとの決定的な違いはレイソルは勝つしかない。しかも苦手のアウェーで。迷いが入り込む余地がない。神戸は引き分けでもレイソル次第という逃げの気持ちが入る危険がある。
これもやっかいな代物のはずだ。
 それにしても今日は悔しさはあまりわかなかった。残念なのはもちろんだ。ただ、選手が最後がやってくれるという希望がまだ自分の中に強くある。フランサもシーズン最後の試合を必ず幸せな試合にすると言っている。もう、語り尽くされている事だが今年のレイソルは試合に出ている選手も出ていない選手もスタッフもサポーターもみんなが支えている。
 写真は試合前にレイソルグッズの売り場で一生懸命サインをする柳澤の姿があった。
試合に出ていなくても『家族』の一員としてレイソルを支えている彼の姿に胸を打たれないサポーターは少なくはないはずだ。
今のレイソル戦士は“みんな”から愛されている。
そんなレイソルを神様が見放すはずがない。
頑張れ柏レイソル。
画像
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
望のプレゼント せいじの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる