せいじの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンバ

<<   作成日時 : 2007/10/08 08:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さあ、ガンバ戦。行きの電車でガンバのユニをきたでっかいおやじが隣に。しかも巨体がこちらに寄りかかってくる。圧倒されそうだ。何気に押し返す。今日の試合前に押し負けちゃいかんと精一杯がんばる。そして乗り越えできょろきょろしだしたのでさりげなくここでレイソルのユニフォームを鞄から引っ張り出して着る。目立つイエローでこっちだぜと余裕の誘導をしてあげる。こんないいサポーターを神は味方するに違いないとふと思いながら。
そして試合開始。神がかり的なセンタリングをマジシャン、フランサがやや右からカーブが掛かった状態でゴールに先制点を突き刺す。いい感じだ。殆どレイソルサポ側で試合が展開。
Jリーグから「一貫性を持ったレフェリングが出来ていない」と言う理由で審判再研修をさせられた家本さんに対する不安が少し解消しだしたかに見えた。が、明らかに菅沼が引き倒された悪質な相手のプレーを流された直後に同点ゴールを決められる。
それでもここまではフィールド中のファウルかと思われるプレーの大半を流すという今日の試合に対する一貫性あるレフェリングが見受けられ、試合も最高潮に盛り上がりを見せる。
ところが、その直後に肝心のエリア内で柏DFがほぼ全く触れていない状態でトラップミスしたボールに向ってガンバ選手が前方へダイブ。
遥か後方にいた家本さんがここで笛を吹く。当然シュミレーションかなと思いきやなんとPKをガンバへ与える。PKを与える事は仕方がないがこの日、散々ラフプレイを流しておいて最も疑惑がかかりやすいエリア内でかつ接触したかどうかも怪しい状況において即PKはいささか疑問が残る判定であった。
試合を壊す事で名を馳せる主審にめげず、それでもレイソルは果敢にガンバに向っていく。
極めつけが交代を一気に3人投入する石崎さん。
敗れはしたものの、古賀抜きのDF陣は本当に頑張ったと思う。J2とはまた一味違う場所で石川も非常に良い経験を着実に積み上げている。
今年のチームの集大成として何かメダルをあげたい。
そんな気持ちにさせてくれた試合だった。
最適なメダルがまだあった。天皇杯。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ガンバ せいじの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる