せいじの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 教訓はあったのか

<<   作成日時 : 2009/05/29 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2005年降格時、誰が見てもフロントは迷走していた。監督だけの問題では断じてない。社長がすぐ代わり、何が引き継がれたのか。監督、ヘッドコーチにJ1初心者を並べた責任はどこにあるのか。アレックスを切り、ほとんど使い物にならないフランサ(フランサの欠場が多いという意味で)、全く使い物にならなかったアルセウを獲得した責任はどこにあるのか。数を上げればきりがなく、怒りがこみ上げてくる。
本当に2005年の悪夢と同じ道を辿っていないか。あの時とは違うとは詭弁にしか聞こえない。
満身創痍で弱り切っている最下位チームにしか勝てないのが厳しい現実と本当に受け止めているのか。
10試合以上もやって1試合しか勝利できないというのはフロント、監督総退陣してもおかしくない状況である。

何よりもどう立て直す気でいるのか何も見えてこない。

途中で投げ出さないこそプロというならば総退陣とまでは言わない。ならば早く決断、舵取り変更を見える形でして欲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
教訓はあったのか せいじの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる