せいじの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 明日に向かって

<<   作成日時 : 2009/11/29 16:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

試合終了直後には放心状態だった。近藤の涙を見て、もらい泣きしそうになる。前回の降格といい、今回の降格といい彼の胸をよぎる思いを考えると。

しかしながら前回の降格とは異なり、選手が最後まで抵抗してくれたという印象は強い。
石崎さんを解任したあたりからおかしかった今シーズン。アルセウが重傷を負い、ハモンが大した使い物にならず。
フランサも案の定、フル稼働ではなかった。全て石崎さんが正しかったとしか思えなかった。

それでもショックは前回より少ない。慣れたのか。

今回、誰よりも説明責任を果たして欲しいのは竹本さんである。彼は柏に来て以来、いったい何をしてきたのか。
JリーグチェアマンがJのフロントはサッカーの素人ばかりだと罵っていたが(あれはあれでどうかと思う)、
柏フロントの玄人は誰よりも竹本さんではなかったのか。

犯人捜しや怒りの矛先をぶつけたいのではなく、チームがどうありたいのか。金にものをいわせた常勝チームを作りたいのか、それともサポに愛され、何年に1度は優勝するようなチームを作りたいのか。目指す方向性によってお金の使い方、選手育成等々変わってくるはずである。

レイソルがかつてのベルディーや浦和のようのお金にものを言わせてチーム作りをして行くという姿はどうしても想像できない。地域柄、サポの気質、スタジアムの雰囲気等々から考えるにである。

だからこそ石崎さんがJ1にあがっても通用するチーム作りを目指す。何年に一度優勝争いするようなチームを作りたいとインタビューで答えていたのに共感を覚えた。

どうもフロントは今シーズン、幻覚を見たようだ。だから観客動員力を意識してフランサありきとチーム構成に口出し、
石崎さんをチームから去らせた。

今一度、レイソルはチャンスを貰ったと思いたい。

来年1年でJ1に復帰するのはもちろん心から応援する目標だが今度こそ長期的なチーム方針、チームカラー構築を目指してリセットの気持ちでJ2で戦って欲しい。

今の親会社は大赤字である。名門バレーボールチームを廃部にもしている。こういった点から眼をそらさずに現実として受け止め、本当の100年構想を目指して欲しい。

来年も応援するぞ!試合増えたし!











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明日に向かって せいじの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる