アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「柏レイソル」のブログ記事

みんなの「柏レイソル」ブログ

タイトル 日 時
素晴らしい一年
震災もあったがレイソルサポーターにとっては夢のような一年でした。最後まで優勝を予想しなかった解説者達、明らかに試合をまともに見ていない事が露呈したセルジオ越後さん、余裕を持って許してあげられます。来年の補強は点取り屋に尽きる気もするがそれよりもマークされた中でのネルシーニョサッカーがどこまで力を発揮するか。楽しみです。フロントの努力に脱帽でもあります。来年も良い年でありますように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/28 21:33
J1定着へ清水の主将・兵藤を獲得…柏
来シーズンに向けて報道だけを見ていると獲得できている選手の朗報が少ない柏。ユーゾーの去り方にもレイソルのホームページの広報日記もだんまりを決め込んでおり、決して円満とは思えず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/26 07:56
ホジェル新加入
来季に向けてか補強が続く。新外国人選手。 http://www.youtube.com/watch?v=FOXQgJYmZNI 前半はすばらしいゴールの連続だが後半は外したシーンのオンパレード。 結局うまいのか下手なのかわからず。 なんかアラウージョを思い出すずんぐりむっくり突破型FWなのか? いずれにせよ水野さん!!半年ですか・・・シーズン終わっちゃうじゃないの。 ホジェル期待だ!なにげに大勝が少ないのが気になるというか心臓に悪いので大量得点の起爆剤となって欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/04 20:21
審判交流ったってね
今年のJFA、Jが推進する精神であり、審判服に推奨されているワッペンに書いてあるのはRespect。 尊重、尊敬するである。好意の気持ちを含めた敬意を払うという意味。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/30 00:56
新記録達成
J2とか関係ない偉業達成したと思う。よりによって千葉相手。よりによって妙な審判交換留学計画の犠牲者チームとなり。それでも達成とは凄い事だ。次節、スカッと勝利して欲しい。ネルシーニョ監督は試合を壊しかねない不可解なレッドカードに対してまるで引きずらず、試合後の会見も良い経験になったと余裕のコメント。尊敬に値する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/25 22:58
世界と代表とレイソルと
レイソルは未だ無敗を続けている。8戦無敗。3、4月と続き5月は試練がまっているかどうか。 日本代表監督候補がブッフバルトさんとか。彼の現役時代、柏の優勝がかかっていた浦和戦ロスタイムにブッフバルトが放った破れかぶれミドルシュートがクリア使用とした酒井の頭をかすめコースが変化してレイソルのゴールに突き刺さったのがひたすら印象に残っている。マニアック過ぎてよほどレイソルを見ていないと思い出せないシーンかもしれないが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/02 08:54
明日に向かって
試合終了直後には放心状態だった。近藤の涙を見て、もらい泣きしそうになる。前回の降格といい、今回の降格といい彼の胸をよぎる思いを考えると。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/29 16:14
残り2試合
残り2試合 レイソルは新潟との激闘を制して望みをつないだ。数字上では残り1勝1分けでも大宮が連敗であれば逆転残留の可能性がある。但し、得失点差が8点もあるのでレイソルが直接対決で4点差以上の差をつけて勝利をするという条件付きである。 現実的にはレイソルは2連勝が残留絶対条件ととなる。 逆転残留の対象として蹴落とす相手の候補は山形、神戸、京都、大宮となる。 それぞれの対戦相手を一覧にしてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/22 17:53
決戦前夜
明日は山形戦。勝利が最低条件となり、しかもまだ清水、川崎と優勝戦線のチーム、苦手な新潟(得意な相手がいないか)、「落ちない」で有名な大宮との対戦が残る。新潟、大宮と共にアウェーである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/23 10:49
二度目のJ2が見えてきた
0-4の大敗はパク、大津、と欠いていたとはいえ余りにも力の差が出た試合だった。 いよいよ降格リーチだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/19 18:59
残留に向けて
次節はアウェーの大分戦。めっぽうアウェーに強いレイソル。大分はサポーター、フロントとの緊張感が高まっており、 2004年、2005年のレイソルをつい思い出してしまう。チーム史上最強、最高成績を残した直後というのもレイソルが2000年に優勝争いを展開した以降、凋落が始まったのと歴史的に似ていると言える。当時、レイソルは玉田や明神を抱え、タレントは今よりも多かったのではと思うようなチームメンバーの構成まで似ているのではないか。 つまり高松など代表クラスが在籍している大分は決して弱いチームではない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/25 23:47
南はレイソル屈指の歴戦の勇士だと思う。菅野に出番を奪われ心配していたところにブログをスタートした。 そのブログのプロフィールを見ると好きなサッカーチームは柏レイソルという文字が躍る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/11 00:24
チュンソン移籍で思うこと
衝撃は隠せない。彼個人への思い入れとしてはオリンピック代表に選ばれた前後、メディアに出るたびに彼がしゃべるとヒヤヒヤしながら一喜一憂していた。レイソルサポであれば彼をチュンソンと呼ばない人間はいなかった。 今後のさらなる飛躍を祈るのみである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/28 18:27
正念場へ
鹿島戦、サッカーの定説からいくとアウェーで首位相手、引き分け勝ち点1獲得は勝利に等しい。鹿島側がJ無敗新記録を達成したにも関わらず、報道やインタビューではまるで負けたかのようなトーンが目立つのも頷ける。 それだけ結果として良くやったと言えよう。 大津は日本代表の内田に全くひけをとらないどころか、マッチアップの要所要所ではほぼ完勝だった。栗澤の投入が後半のカウンターで大津の裏をカバーしていたのも采配としては良かった。残念だったのが小林(慶)が残り20分、使い物にならなかった点だ。既にパクで一枚... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/26 23:02
巻き返しなるか
監督交代。高橋さん、お疲れ様でした。石崎サッカーを継承するにはフィットしないフランサを使い倒せという勝利より集客目的のフロントの意向を受け、その狭間で悩み抜かれたのではと思う。早野さん時代と異なり、変な制約があったとしか思えなかった。その意味で高橋さんは不幸だった。さて次期監督である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/17 07:31
京都戦
なにかこう、すかっとしない勝利である。今のレイソルに勝利以外に何かを求めるのは贅沢だが。 前半、20分は失点せずに良く耐えた。選手の必死感も伝わっていた。 だが、どうも攻撃のリズムに躍動感がない。決定機を迎える回数が少なく感じるのはその一つ前でボールを奪われ、 ラストパスに至らないからに見えてしまう。中盤でボールを奪っても前線に出すフィードがワンテンポ遅い。 ここ数試合、得点につながるのはサイドへカウンター気味にボールが運ばれ、早いセンタリングで相手DFの対応ミス、もしくは対応遅れを誘っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/13 07:06
相当厳しい
茹で蛙の話がある。水から入っていると器が段々熱くなっても気がつかず、生命を落とすというもので100年以上前から言われている古典的な危機管理の話だそうだ。今のレイソルも昔のレイソルもいつも足りないのがこの点だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/05 12:04
教訓はあったのか
2005年降格時、誰が見てもフロントは迷走していた。監督だけの問題では断じてない。社長がすぐ代わり、何が引き継がれたのか。監督、ヘッドコーチにJ1初心者を並べた責任はどこにあるのか。アレックスを切り、ほとんど使い物にならないフランサ(フランサの欠場が多いという意味で)、全く使い物にならなかったアルセウを獲得した責任はどこにあるのか。数を上げればきりがなく、怒りがこみ上げてくる。 本当に2005年の悪夢と同じ道を辿っていないか。あの時とは違うとは詭弁にしか聞こえない。 満身創痍で弱り切っている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/29 22:32
Jでも残れるチームに
石崎監督が就任時に掲げた目標だった。決してギリギリで残るチームが理想なわけがない。 狙って毎年J2降格ギリギリの争いをするチームなんて作れない。 となると優勝を常に狙い、怪我人など予測不能だった不運が重なり優勝ができなくて5−8位あたり。 思惑通りにチームが回れば優勝。よって数年に1度は優勝するようなチーム。それがレイソルの目指すチームだと思っていた。 それがフランサの奇術ぶりがマスコミにもてはやされるようになってきてからフロントがおかしくなってきた。 報道によると集客を見込みたいフロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/15 07:25
けじめ
ついに開幕7戦、勝ち星なし。結果がすべてというのもプロの考え方ではないだろうか。選手のコメントでちょっとの差であり数字ほど内容が悪くないというのもあった。似たようなコメントは監督からも出ている。 確かに下を向かずに次につなげる事も重要だ。しかし7戦未勝利は酷すぎる。6戦未勝利だったらまだいいとかではない。結果として7戦未勝利。唯一の未勝利チームになってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/26 06:36
勝てないのか負けないのか
勝てないのか負けないのか 今回の大宮戦、開始時間を勘違いしてチケット購入しなかった為、テレビ観戦に。 結果はまたもや日立台劇場。だが、今回は納得いかないユーゾーの退場に脱力感に見舞われ、 フランサの独走による一瞬の歓喜もつかのま。終了間際(あれもオフサイドじゃないのか??)に内田に勝ち越し点を叩き込まれ、案の定な気がして半分気力死する。明日からどうしようと呆然と試合を見ているとまさかまさかのラストプレーで昨年の浦和戦のように一瞬のフランサ、ポポの絡みでセンタリングが入り、古賀ちゃんの美しいヘッドが決まり、奇跡の同点。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/05 18:01
おかちゃん
マリノス戦。観戦前提で地元民に不思議な眼で見られながらもタオルマフラーを首に巻き、必勝体制で駅まで向かう。ところが、不測の事態により、泣く泣く観戦を断念。あーっチケット代が無駄に−。 仕方が無く隙を見て前半途中経過を携帯で確認。ショック!2点ビハインド。しかも開始早々の失点。 どうなっているんだ!また狩野にやりたい放題なのか?ザ・プロフェッショナルに出た中澤が調子に乗っているのか。いずれにせよ暗ーい気持ちに。 前半終了後、大急ぎで家に。ここでなんと3対1。なんでよー。という気持ちで観戦開始... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/22 18:10
予感がする試合
日立台、開幕戦。あいにくの天気でうすら寒く、小雨が降りしきる。試合直前にはほぼ雨はやんだような状態に。 ただピッチは水しぶきが上がり、ボールの回転も微妙に変化していた。 前半、共に初勝利を狙うチームだがスコア以上にレイソルが試合を支配していた印象が強かった。 ほとんど格が違うチームと言わんばかりに。 先制点となったチュンソンのダイビングヘッドもすばらしかった。 ところが後半から様子が変わってくる。 まずアレックスを中心として谷澤も絡んだカウンターを浴び始める。それでもシュートを許さな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/15 12:48
開幕戦 勝ち点1
この試合、MVPじゃないかと思われる菅野自身のコメントにあるようにここで勝ち点1を取れたのは成長の証ではないか。弱いチームは流れのまま、逆転されて終わる。このパターンの頻度も高い。強いチームは粘り強く勝ち点を重ねていく。 今日のレイソルは特に後半は明らかに劣勢ながらも堪えて同点にされるところで踏ん張り、1点を確保した。 次節、ホームへ気持ちがつながったような試合でもあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/08 09:52
開幕直前!
天皇杯決勝まで行くと例年と異なりシーズン開幕が早く感じる。幸せな事だ。 試金石だった千葉ダービーを制し、意気上がるレイソル。 相手は川崎。やれ得点王だとかダブルタイトルだとか中村(憲)がどうのこうのと話題豊富だ。 FW陣もJ屈指。しかもカリスマ関塚監督復帰と今年こそタイトル奪取に闘志を燃やす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 10:26
千葉銀カップが試金石
戦力的に大きなアップグレードが期待されるアルセウが怪我でリーグ前半戦は不在と決まってしまった。 少なくてもアレックスがいなくなり、ドゥンビアがいなくなり、代わりが未知数のアバデヨという事でよほどアバデヨが大当たりでもない限り、外国人戦力ではマイナスといえよう。 もう一つ心配が石崎レイソルと異なり明確なチーム方針が見えてこない。なんとなく石崎レイソルを継承しつつもフランサ中心という曖昧なダイレクションのままだ。 救いは西野監督を解任してベリマン監督が登場した(それまでベリマンは西野監督の右腕... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/21 23:01
レイソル100年の計
ちょっと気の長い話だが50年くらい応援していれば何回かは優勝してくれ、感涙にくれる事ができるのではないかと思う。問題は50年、チームが持つか。 今年の天皇杯の解説、分析で共感できたのがガンバとレイソルでは目標のスケールが違った。かたやガンバは世界を知り、もう一度あの舞台に立ちたいと願っていた。レイソルは純粋にイシさんを胴上げしたいと。 その先は考えていなかった。 サポカンでも気になるのがレイソルが世界観がない事と発言した。 例えばホームページを見ても日本語だけで日本語が読めない外国人、外... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/05 20:59
うわさ
報知さんによるとFC東京の近藤獲得に柏が動いているとか。 近藤祐介と言えば神戸時代のスーパーサブのイメージが強い。しかも左サイドから切り込まれて 点を叩き込まれたような記憶がある。怖いというイメージもあるしチュンソンよりシュート力は上かも。 あんまり明るい性格には見えないのと今更フランサとかとコンビが会うのか? 澤いるからもうFWはよほど決定力がある選手じゃない限り、 もういいんじゃないのというか近藤だと中途半端な気がする。 ま、まだうわさレベルかもしれませんが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/11 21:56
まさかと思うが
レイソルニュースが乏しい。まさかこれで補強おしまいという事はないと思うがアレックスに代わってアルセウ、 以上終わり!というのは避けて欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/07 21:36
いつの日か
いつの日か 敗戦のショックからようやく立ち直りつつある今日この頃です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/04 22:45
決戦の朝
今日は日の出を拝みに5時半に起床。6時30分頃からランニング開始。さすがに寒いが09年の日の出を見ることができ、感動的だった。ランニングコースの途中にある熊野神社でお参り。奮発して500円。 最初の祈願はもちろん、本日の勝利。お日様を見てもう一度、勝利祈願。キタジが言っていたらしいが 2位の記憶は誰にも残っていない、だから優勝なんだと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/01 10:19
元日決戦
絵に描いたような逆転劇。逆転しても試合終了まで息ができないはらはらどきどき。 振り返れば鈴木達也に先制点入れられた時には目の前、真っ暗だった。 柏に対してベストプレーを魅せるだと?もう魅せすぎだよたっちゃん。って感じで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/29 21:41
天下無敵を目指して
岡山のメッセージには不覚にもウルッときた。読んで一日経つと、ヤザワがいなくったショックや次世代を担う、不動のDFと確信していた亮の移籍ニュースなどが不思議と消化できた。 プロとしての宿命。当たり前といえば当たり前。アメリカのNFLなんぞほんのごく一部のスター選手以外は移籍なんて当たり前。うらみつらみなしっこだ。 一方でレイソルはどうしても家族というイメージできた分、選手一人でも抜けると何か大事なジグソーパズルのパーツを無くしたというか心の部品を落としたような心境になりがちだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/20 17:54
ストーブリーグ
フランサ残留。アルセウを他チームが獲るとか。ボボといえばボボブラジルを思い出す。古いか。 アラウージョが駄目だった分、それより悪くなるとは考えないようにしたい。 菅野移籍決定だと。しかし何をしに?南の後釜?柏木にはのどから手が出るほど来て欲しいが彼を含めて現段階で噂に上がっている補強を全て成功になった場合どうだか。 はたしてそれでJの優勝争いに加われるほど層に厚みが増したか。 どう考えても浦和には劣る。多くの代表を抱え、層の厚いガンバとも総合力で劣るのは明らか。優勝した鹿島とも差が詰まっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/29 11:17
日立台、甲府戦
試合終了の瞬間、鳴り響き続けていた甲府サポーター団が静寂に包まれる。 ピッチには精力的にレイソルを脅かせ続けたあの茂原がへたり込む。 レイソル勝利。甲府はJ2へ。 あの2年前の寒い日立台の夜とは立場が逆転だった。2年前と自分を含めた多くのレイソルサポが違うのは降格する相手の痛みを何となく理解できる点だろう。泣いている甲府サポを見るとどことなくせつなくなる。 レイソルは確実にJ2で魂を磨いてJ1に戻ってきた。 そしてそのJ2は魂を磨くところだと名言を言ったユキヒコがレイソルを去る事になっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/25 16:18
ぶったるみ、そして来年への課題
天皇杯の結果は落胆を通り越して何か危機感を感じた。 話題提供では済まされず、絶対負けてはいけない試合に対するひ弱さ。 結果論だが弱体化したレイソル時代から脱却するには勝たねばならなかった。 問題は選手がそこまで意識していたかどうか。リーグ戦、ナビスコとは訳が違うのである。 相手はアマチュアだからだ。これでどうして来年優勝争いできると言うのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/07 22:28
ガンバ
さあ、ガンバ戦。行きの電車でガンバのユニをきたでっかいおやじが隣に。しかも巨体がこちらに寄りかかってくる。圧倒されそうだ。何気に押し返す。今日の試合前に押し負けちゃいかんと精一杯がんばる。そして乗り越えできょろきょろしだしたのでさりげなくここでレイソルのユニフォームを鞄から引っ張り出して着る。目立つイエローでこっちだぜと余裕の誘導をしてあげる。こんないいサポーターを神は味方するに違いないとふと思いながら。 そして試合開始。神がかり的なセンタリングをマジシャン、フランサがやや右からカーブが掛かっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/08 08:34
感動の通過点
満員御礼チケット完売の川崎戦。5時の開門ちょっと前のホーム側自由席&メインの入り口には既に長蛇の列が。入場後、一目散にフードコートへ。目当ては沖縄料理。特にラフテー丼。 5時を10分と過ぎていないのにすでに沖縄料理のバンには列がS字に3列。 待つ事1時間。やっと順番が回ってきたら今度はご飯売れ切れです。がーん! 大事な試合前だけにエネルギーの無駄使いをしたくない僕は穏やかに許し、そしてご飯が炊き上がるのを待つ。 一緒に待っている前の子連れの美しい奥さんに長いですねーと声をかけられる。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/24 22:09
いつのまに格上
明日はフロンターレ相手だ。何となくベッチーニョという名手がいたなぐらいしか記憶がないまま、J1に来たなと思ったらJ2へ消えていき、2000年あたりの絶頂期からうだうだしているうちにレイソルが今度は降格。 その間、フロンターレは着々と強豪の一角として名を馳せていった感がある。簡単に言うと何となくいつもすれ違いというか違う土俵にいたチームというイメージだ。 いずれにせよ、フロンターレは今や代表選手を何人も抱え、リーグ優勝が不可能となった今や、タイトルという目標においてはJリーグの名誉を背負ったA... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/22 23:32
あと残り2点!
今期の目標がもうすぐそこまできた。残り9試合。TV観戦の試合後の石崎さんのインタビュー。 目標修正はしないんですかと水を向けられるとまだ2点ありますから。といなしていた。 方針というものに対してブレなさぶりは感心するばかり。来年に向けてという発言が飛び出し、 今年だけではないという長期ビジョンも開幕前からブレていない。来期も楽しみなチーム作りっぷりだ。 肝心の試合の方は開始早々今までの堅守ぶりがウソのように崩され、あっさりゴールを割られてしまう。新潟ホームと考えると相当厳しかなとネガティ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/16 23:57
新潟戦へむけて
基本的にどこのチームが嫌いというはない。ただここだけはなんかこう、違った感情を持つ。 成功への妬み半分、負け惜しみ半分といったところか。ふん、ビッグスワンがどうした。あら、東北電力スタジアムだっけ?4万人だっけ?きみたち聖地日立台って知っているかい?柏の葉じゃないぞ。すんげー迫力満点のサッカー専用スタジアムだぞ。そこのオレンジ着ている自称Jリーグ通ブロガーの君。柏は本当の意味でJへあがる苦労を知らない。去年はJ1時代の余力があったからだと。ちゃうちゃう。柏は3浪してJ1へ入ったんだぞ。日本史上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/15 09:34
とっても身勝手なサポ
自分のことです。今日の早朝のことです。 朝4時過ぎの試合終了と同時に虚無感に包まれる。 五輪代表なんてまあ、どうでもいいな。チュンソンは最初からいないし、ベンチ入りした祐三もかろうじてハーフタイムのアップしている姿が確認できる程度だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 09:58
愛されているか
この定義は極めて難しく、かつ重要なポイントでどのチームもキャッチフレーズで使いがちだし選手も良く口にし、選手自身の評価対象にもなっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 00:28
全てをポジティブに
好調横浜Fマリノス相手に開始0分の相手のオウンゴールを最後まで守りきった。 ヒーローインタビューも古賀、南ときたように堅牢なレイソル守備陣がこの試合のMVPだろう。 相手の横浜Fにそれほど決定的なシュートを打たせなかった。南のセーブがあったがそもそもDF陣が山瀬のシュートコースを狭め結果的には南がセーブした正面左気味にしかボールを打たせなかったように見えた。坂田の突破にもほぼ蔵川が負けずに張り付いていたし太田も攻撃でこそ貢献度があまり感じられなかったが祐三と同じく相手にクロスをあげさせなかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/02 22:28
国立
レイソルの国立ホームゲームの勝率はどうなっているのだろうか。 マリノス相手に何故国立開催のホームになるのか。そんなに人入ったっけ?と疑問がわく。 とはいえ、前節のような悪いピッチのせいもあってロングフィードが多いつまらないサッカーにはならないであろう。国立らしく、ピッチコンディションも良いゆえの質の高いサッカーを期待したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/01 09:18
台風の目になるために
スカパー解説者、もとJEFの野々村さんによるとレイソルは後半戦の台風の目にはなりえないそうだ。上位で残す対戦相手はガンバ、鹿島、新潟、マリノス。何とも失礼な話である。 理屈はわからないでもないが台風の目になるかどうかというのは勝つかどうかの話をしているわけで野々村さんの理屈だと1点差で偶然勝っているようじゃこれらの対戦相手に勝利は無理でしょうと同定義に聞こえた。 厳密には違反ではない我那覇には厳しく、確信犯的に肘鉄をかましているトゥーリオには注意だけの人気者には甘いJリーグに守られた人気者軍... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 10:34
千葉ダービー前夜
大事な試合の前に余計な事を言う方いざ本番では大体負ける。スポーツはとくに。前節ですでにJEFの選手が黄色が似合うのは云々と思わず言ってしまい、その発言がレイソル側に聞こえていればまずジンクス的にはレイソルの勝利だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/24 22:59
ぎりぎりでかつ進化を証明する勝利
前節、魂がこもっていない試合をしてしまったという反省を胸にホームで巻き返しを誓うFC東京。 首位攻防を展開する浦和とアウェーながらも引き分け、そして広島に勝利し目標勝ち点45へまた一歩近づいたレイソル。 今日の一戦は後半戦の流れをどちらも手繰り寄せたい、そんな試合だった。 コンディションが悪いピッチ上で一進一退の攻防が続いたが先制したのはレイソル。 早いカウンターから飛び出した菅沼が広島戦に続き、決定的なPKを誘う。 これをフランサが前節のPK同様、強烈なシュートをゴール左に叩き込んだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/18 22:38
快勝
期待の太田が精力的に右サイドを駆け上がりクロスを上げるという新しいパターンが今日は効いていたと思う。より李やミノルとタイミングが合うようになるとゴールが増えそう。 フランサももうネタ切れ?とやや心配だった事を払拭するがごとく、ボール裁きが惚れ惚れとするぐらい美しかった。 でも今日のMVPは広島の決定機を何度もファインセーブした南ではないか。 南のセーブが試合の流れを掴む大きな要因となっていた。少なくても3回はやられたと目を覆う場面があった。目標勝ち点45がまた近づいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 22:39
一進一退
首位争いを展開しており、すでに来週の首位決戦に目が行きがちな2位浦和とアウェーでの対戦。俗に言う、勝ちに等しいアウェーでの引き分けをレイソルはもぎ取った。 前半、後半と互角に戦い、今シーズンチームMVPと言われる南のスーパーセーブにも幾度となく、助けられた。1点ビハインドからの同点弾も途中交代のユキヒコのFKをDF古賀がヘッドで沈めた。逆に良くプレスをかけたものの、攻撃陣の決定力向上はあまり見られなかった。 英断としてミノルのところに池元を交代要員でまず使ってみるとか変化が必要なのかもしれな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/12 07:10
負けオシム
宿敵韓国にPK負け。しかも一人多い状態にも関わらずシュート数は殆ど増えなかった日本。 スコア以上に勝利に対する執念、積極性と韓国に完敗と言えるのではないか。 U22代表からのステップアップチャンスは十分にあるという事でミノルやチュンソンに代表試合は怪我をしない程度に頑張ってもらいたい。 これでリーグ戦集中できる。以上、負け惜しみ。でもやっぱりレイソルから誰も出ていない代表戦は今ひとつ力が入らないわけで俄然、リーグ戦なのである。 いきなりアウェーの浦和というのはチトきついがそろそろ下の方も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/29 00:33
世界観とレイソル
浦和とマンUの試合。惚れ惚れとする内容だった。親善試合を超えた何かを感じた。でも浦和。 パッパラーさんもブログで語っていたが(この点については私の方が先だが)レイソルも3年後には優勝争いするチームになるというなら、サポカンで私が主張したようにそろそろレイソルも世界観を持って欲しい。 Jで優勝し、アジアチャンピオンにもなって世界クラブ選手権に出場する事を想定して欲しい。 どこの田舎のチームかわからん黄色いチームじゃあちょっと悲しくないか。 更に世界クラチャンでレイソルが優勝し、C.ロナウド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/17 21:32
たられば
一部の報道でレイソルがディエゴ再獲得交渉へとあった。その後音沙汰なし。デマなのか。 確かに昨年のフランサとのコンビは見ている方をワクワクさせてくれた。ただフランサとのコンビで発揮する価値については神戸戦決勝ゴールなどがあったものの、年間を通してはむしろディエゴ一人の中盤より前での価値のほうがレイソルにとっては大きかったと思える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/14 09:41
三ツ沢にて
試合前、相手GKの菅野さんは完封宣言をしたとか。エリア外からゴールは割らせないと言ったとか。4-2のスコアで完封失敗。ユキヒコのピンポイントパスに抜け出し、飛び出したその菅野を交わしてゴールを決めたドゥンビアが最後に蹴りこんだ位置はゴールエリア外だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/23 23:45
勝利を求めて
ジュニーニョ、マギヌン、売出し中の鄭がいない。つまりなんだ、飛車角に加えて桂馬も抜き。 FWなしのブラジル代表とレイソルがやったら勝てるか。ちょっと無理かも。でも相手はJ1の川崎だぞ。いくらなんでも無理とかは言えないか。でも我那覇いるし。憲剛もいるし。 とか言い訳をやる前から言っている場合じゃない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 07:14
ないものねだりなのか
ずばりキッカー。レイソルをかれこれ15年以上応援している事になるがその歴史の記憶で薄いのがフリーキックのスペシャリストだ。最近中村俊輔の優勝を決めた試合でのFK。強烈な印象が残る。Jリーグでもガンバ遠藤のFK。名古屋本田。川崎の中村。彼が蹴る時の共通点は一様にF守る側としては嫌な空気に包まれる。そしていいところで決まるというか試合の決め手となる。 ところが蹴る側が逆にレイソルだと味方ながら期待感が薄いのはなぜだ。確かにアルセウ砲は凄いけど入る気がしない。昨年のリカにしても何かに当たって偶然入っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/28 08:10
夢の途中
ナビスコが終戦。しかしその終わり方が凄い。4点差勝利が予選通過絶対条件のレイソルは実に試合時間残り15分以上も余らせて奇跡を起こすところだった。 そう簡単に普通、ここまですらこないものだ。日立台パワーったって程がある。 予選敗退という結果が現実であるしそのあと一歩ができないところがまだまだなどと今回は言いたくない。何かものすごく良い事が後で待っている気がしてならない。そして振り返った時にあのナビスコの横浜戦ですでに予兆があったよなと言わせてくれる。そんなレイソルだった。 アッパレ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/24 07:46
ポジティブスパイラル
ポジティブスパライルに物事が進む。って今のレイソルをおいて他に良い例があるだろうか。 ハツラツとJリーグに旋風を起こす。リーグ戦3位。U-22へ菅沼初招集そして今回近藤代表候補選出。嬉しい限りだ。このまま行くと南だって第三GKあたりで呼ばれるのも時間の問題ではないか。古賀だって世界レベルで戦うと思えばあの高さは今のJではぴか一だろう。 走るサッカーを最も体現しているのはレイソルではスズタツではないだろうか。怪我とシュートの精度さえあげれば代表はさほど遠い存在ではないはず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/15 08:09
地球滅亡まであと勝ち点24
普通こんな事言うと結果論だろと馬鹿にされるのだが今日の大分戦だけは勝利を確信していた。 確信していなかったのがフランサ復活でここまでチームの躍動感が戻る事。 フランサ起点でどれだけワクワクできた事か。永井が実に光っていた。巌が骨折は痛いが永井が補ってお釣りがきているかんじだ。FK、CKで永井が蹴ると何かがおきそうな期待感がある。 褒めすぎだろうか。アルセウも不動のボランチになってきた。DF陣はもう語る事が少ないくらいの安定ぶりだ。J強化選手が柏に決まったとあったがDFとあり、出番あるのかよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 00:16
ナビスコ完敗
あまり良い思いでのない三ツ沢でまたもや0-3完敗。 そうはいえど昨年とは違う。 負け惜しみに聞こえるかも知れないがまたまた期待感が高まった試合だった。負けたのにだ。 負けた悔しさを補ってくれた要因そのイチは池元だ。アラウージョからのラストパスを決め損ねたのは本当に残念だったがそれ以外で縦への突進のスピード感やマリノスDFに全く当たり負けしない強さ。何か菅沼がクローンで登場した気もしたが池元オリジナルの躍動感は菅沼とはまた種類が違うものだった。日立台で彼を見てみたい。 阿部シュウも前半... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/09 22:28
新潟戦を終えて
今回、ピッチ間際まで行く機会に恵まれた。位置的にはレイソルベンチ間際。どう考えても相手のコールの方が鳴り響く。少しでも柏側が止むと殆どアウェー状態。矢野の歌のうざいこと。僕達新潟だー?そんだけオレンジ色着ていたらわざわざ歌の歌詞にしなくてもわかるワイ。と思わずつぶやくほど相手は元気がいい。 つまり柏の葉じゃあ全然12人目のサポとしてのプレッシャーを与える事が全くできない。 観客目当てで開催しているので折込済みなんだろうけど。でも将来優勝争いする気があるなら考えるべきだ。新潟とか浦和相手は最初... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/04 11:51
陽はまた昇る
名古屋に粉砕されるのではないかという一抹の不安を煽るような悪天候と試合開始遅れ。しかし始まってみると生き生きと走り回り、次第にプレスで名古屋がミスを連発しだす。 そしてCKからチュンソンのドサクサっぽい先制点。あれは狙ったというには。。。ちょっとね。 その後、一進一退の攻防が続き、立て続けにレイソルの波状攻撃がかかる。たまにカウンターを浴びてまずいか?と不安をかき消すかのようにレイソルDFが冷静に対処。 40分過ぎ、ミノルの素晴らしい2点目。 あの決定力は凄すぎ。FWの鏡だ。DF二人を引... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/29 12:14
名古屋満載
名古屋満載弁当というのを岡崎出張帰りの新幹線で食べた。とてもおいしかった。今日は名古屋戦。弁当との関係は殆どない。今日は残念ながらテレビ観戦。頼みの古賀も欠場の中では相当ピンチな気がする。なんか怖い近藤はヨンセンを抑え切れるのか。いまいち元気がない両小林はどうなんだろう。やっぱり救世主は岡山なのか。いや、ドゥンビアがいたか。それともジャンボデビューか。まずいのは中盤か。と、考えていくと案外やばくないのか。いや、やっぱりヤバイのかさっぱりわからなくなってくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/28 11:04
こういうときもあるさ
相当血圧が上がったり下がったりした試合だった。甲府も強し。一人少ない中、良くあそこまで試合を盛り上げたと思う。石川が怪我した段階で半ば試合展開にあまり集中できなくなった。アメフトの試合中の事故にあまりにも似たシーンだったからだ。とりあえず脳震盪との事で大事に至らなかったと信じたい。早く元気な姿を見せて欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/22 16:51
夢から現実へ
レイソルに最も必要なのは現実感の継続もあると思う。つまり置かれた立場、目指す目標を見失わない事。開幕5戦まである意味夢に見たJ1復帰を思った以上に満喫できた。 そして浦和での敗戦で多少現実に戻された。山根が怪我した。チュンソン、菅沼、スズタツがいない。そして完敗。 この敗戦で言い訳をしてはいけない。現実なのだ。もしかしてレイソルは強いのかも。 たまたま運の悪いタイミングで浦和と当たってしまった。 そんな気持ちが微塵でもあると大変な事になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/21 00:03
振り出しに戻る
浦和に0-2完敗。それでも何故か後半の流れの中で一昨年とは異なる、何かPOSITIVEな気持ちを維持できた。この点が応援する側も成長したと言えるのかも知れない。まあ、これが開幕6連敗ですとか言ってたら心中穏やかではないのであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/16 08:23
無敗対決
今日はJリーグ第6節。対浦和。代表、もしくは代表経験者9名の浦和に無印軍団が挑む。 レイソルは勝てば首位キープ。浦和も勝てば清水の結果次第で首位奪取。 ともにいまだ無敗。レイソルにいたってはここまで1失点。 さすがにレイソルにしてみればここまで余りにも出来過ぎ感も否めず、そろそろお灸が待っていそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/15 08:19
次へ生かすべき勝利
最低限の線であった勝利はできた。しかし前半の開始早々のフランサシュート、達也ゴール(おめでとう!)までは今日は4、5点取ってくれるのではないかと期待してしまうほどに立ち上がりは良かった。ところが先制した後は別のチームになってしまった。フランサも下がりっぱなし。ミノル、達也の魅力らしい点はあまりみられなかった。けちがついたのがレフリーング。あれは酷い。 判定に自信があるなら即抗議する横浜にイエローを出すべき。横浜だってあれでは納得いかないだろう。 その後、主審はレイソルのプレスに大げさに倒れる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 19:25
柏はもうすぐ下火
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2007/04/06/02.html 『柏はもうすぐ下火』と早野さんが言ったそうな。 さすがというか人として良くもこんな発言ができるなと感心してしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/06 07:26
東京撃破
さすがのイシさんもちょっと出来すぎなんですけでねとコメントしていたレイソル。東京FCに完勝し、堂々の3位。無敗のレイソルを1敗で追う4位、5位の磐田、清水はいずれもレイソルに敗れて1敗。調子に乗ってはいけないが数字上ではレイソルは強く見えてしまう。 実際に東京戦も多くの代表候補を抱えるFC東京を見にきたのであろう、オシム、反町さんをがっかりさせたに違いない。試合中、FC東京の選手がヘタのなのか?平山にいたってはレイソルにボールを奪われるたびに客席に同情の失笑すら起きていた。だれかが面白い発言を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/01 18:22
ドゥンビア、ドゥンビア。
ナビスコがいつもと違う予感がしていた。 日本代表のFWの追試話のせいかもしれない。 日本平での雪辱を晴らすべく、ほぼベストメンバーの布陣できた長谷川健太率いるエスパルス。相変わらずちょっと羨ましい上品さを兼ね備えた見事なオレンジカラーのサポーターの統一性。 どう見ても強そうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/21 22:23
暫定首位!
イ・チュンソン、ゴーーーーーール!!J1でもゴーーーーーール!! 話できすぎ。凄すぎ。 レイソルなんと暫定首位です。3節終わって首位かどうかは名古屋とG大阪次第。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/17 18:35
もういい、帰ってこい
チュンソンが過剰期待された五輪代表の先発から外れるという報道を知り、予選への興味が激減。ていうかどうでもよくなった。ところが朝一のスポーツニュースで視界に飛び込んでくるのは満面の笑みのチュンソンではないか。何があった!決勝ゴール!すげー。と喜んだのは2分程度。 日本に恩返しできて良かったとのチュンソンのコメントをしり、ウルウル。15秒程度。 そしてすぐ冷静に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/15 07:43
いきなり満腹
天気も良く、レイソル日和でした。大体雨の日でいい思いした記憶がない。それにしても。 いやいや誰がここまでの大勝を予想したでしょうか。asahiの記事を読んで、横井さんのネーミングからもミノルーニーが活躍するといいなと思い、試合開始前には今日の注目は15番だぞ!と宣言までしたらなんと2点もとるとは。しかも1アシストだし。ちなみに今週のサッカーマガジンではレイソル戦士がベスト11に名を連ね、極めつけはノブリンがベスト監督だった。不思議なのはサッカーダイジェストではベストイレブンにはフランサただ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/07 18:27
いざ開幕戦!
ぱっぱらーさんのレイソル日記にあるように、昨晩のNHKBSで『頼れるアイツ』コーナーの第一弾にいきなり南→フランサ!。ミニ感動。今日はフランサの超絶プレーが生で見れる事を祈るのみ。何気に昨日は横浜FCを応援しながら久保の驚異的なシュートが炸裂した時にはもしや番狂わせありか!と期待したが結局終盤で力尽きたJ2チャンプをみて、うーん柏はどうなんだろうと心配度200%増って感じだ。神戸もしかり。せめて昇格組みのうち、一矢は報わないとね。 今日はどうしてもレイソルの試合をみたいと昨年から言い張ってきた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/04 08:17
いざ開幕!
本日、後援会の黄色い封筒が到着。ちなみに開幕戦のチケットはログインできずに苦労したが印刷物でお詫び状が入っているという事は同じ境遇の人が何人かいたのでしょう。販売開始後20分後にかけたときには電話口に出た後援会の人も『は?』という反応でしたが。希望席にはならなかったけどとりあえず確保できたので良しとしよう。  さて、開幕が後1週間後!楽しみである。オフの間色々とあった。残念なニュースはディエゴに尽きるが断片的に入ってくる代わりの○塩2号もブラジルではディエゴより評価が高かったとか。 期待大で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/24 18:35
ありがとう
 岡山完全移籍発表。やはり嬉しい。今年は負け数が勝利数の倍に増えてもまったくおかしくない年である。覚悟しなければならないのだがやはり負けが込むと気分的に高揚はしないだろう。ただたまに勝つにせよ、岡山劇場が見られるのであれば話が違う。みんなを上に向かせる。岡山ならできる。そう信じたい。  それにしても岡山本人の川崎Fでの移籍コメントも泣かせる。彼自身がどれだけ悩んだのか彼の心境を垣間見る事ができる。そんな彼にありがとうとWelcomeと言いたい。残るはディエゴ君である。フロント頑張れ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/07 07:31
新人への期待
降格争いに加わるようになって以来、気になっていたのが高卒ルーキーの獲得状況である。カレンに始まり、横浜へ行ってしまった狩野とどうも逃げれている印象が拭えない。ふと高校選手権で静岡学園が快進撃を続けている。2名の中心選手をみるとそれぞれすでに川崎Fと清水に内定していた。静岡学園つながりといえば南からはじまり永田、谷澤と即戦力クラスが柏に入ってきていた。もうこのラインは途切れてしまったのかもしれない。 J1に復帰したからと言って今年も降格争いをするようでは高校生ルーキーだって余程の思い入れでもない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 23:26
来年の因果対決思惑
気になる選手のうち、ハッキリしたのはユキヒコだけ。ディエゴ、岡山はどうなることやら。案外ディエゴは難しいのかもしれない。レンタル元が返せと言ってきたらつらいだろうしディエゴと彼の家族の問題もあるだろう。ディエゴが駄目な場合とリカの穴埋めに奔走してくれていると信じる。 さて、暇つぶしに来期楽しみにしている因果対決ランキング。(個人的な恨みも含めて) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/30 22:17
おおっつ!
偶然だが気になっている3選手のうちの一人の発表。本日の契約更改のニューズにユキヒコが!!!完全移籍。いいではないか。 端整なマスクとは裏腹に出場機会を求めて5チームを渡り歩いている苦労人のユキヒコのセンタリングやカウンターからのアタックに何度魅了された事か。また、シーズン終盤でも彼の自信に満ちたコメントに何度勇気付けられた事か。プロ意識が高く、レイソルには絶対に必要な存在だと思っていただけに嬉しいニュース。それにしても契約更改って一人じゃないよね?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/29 15:23
いよいよ契約更改
 松坂君の話なんて半ばどうでもよく、こちらの方が気になって仕方が無い。発表が一日遅れて本日になるとか。何故か早起き。来年J1で闘う以上、今期活躍した事とは別にプロチームとして英断を下した結果が発表内容に含まれてもそれはそれでサポートしたいと思う。気になるのはディエゴ、ユキヒコあたりか。岡山も気になる。確かに誰からも愛されているがシーズン中盤以降のプレーそのものを見ているとJ1では厳しい気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/29 09:07
おめでとうVissel Kobe!
素直に神戸を応援してしまうのは共にJ2で苦労した親近感からとしかいいようがない。 三浦の涙には思わずこちらも貰い泣きしそうになる。神戸のスタンドには柏サポに対して応援ありがとうというゲーフラが出ていた。神戸サポの喜ぶ姿はついつい自分達と重なってしまい、ジーンとしてしまう。本当におめでとうと言いたい。うっかりすると来年は対戦しても何か爽やかな気持ちで神戸サポを迎えてしまいそうだ。実際は状況を考えたらそんな余裕をかましていられるはずもないのだが。  それにしてもだ。そもそも入れ替え戦のアウェーゴ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/09 21:43
100年後を目指し
 石崎さんがシーズン前に目指したいサッカーとしてバルサのビデオを選手に見せたとか。そして来期も指揮を執る際、やはりバルサを目指したいと。原さんも同じような事を言っていた。 ちなみに僕はイエローハウスでレイソルのあるべき姿としてやはりバルサを目指すべきと主張した。ただ、両監督と異なるのはサッカースタイルではなく、サッカーチームとしてのあり方、経営スタイルを目指すべきと唱えた。その為には世界観が必要だと。世界観とは文字通り、常に世界を意識する事。細かい話だがウェブサイト一つにしてもだ。海外からレイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/06 21:42
太陽は沈まず
 今日、12月2日2006年度JリーグDivision 2第52節今シーズン最終節で柏レイソルがJ1復帰を決めた。我を忘れた昨年甲府との入れ替え戦での大敗。いくらなんでもJ2の3位に負けるわけがないとどこかで安心しきっていたところへ奈落の底に突き落とされたようなあの時の絶望だけが残ったあの日。あれから1年。  長いようで短かった。色々な事があった。まだ試合は途中なのに3点目が入った直後から涙腺が緩んだ。神戸の結果が出ているわけでもないのに。レイソルも本当に良い経験をしたと思う。そして自分自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/03 17:33
決戦を前に
 不思議と気負いがしない湘南戦。勝っても相手次第というところと入れ替え戦を入れると後3試合残っているという現実があるからか。選手や監督のコメントを見ていても心配になるような力が入りすぎている感じはなく、むしろ極めて冷静なプロ集団に見える。一方でこのタイミングでの来期の契約更新発表。たしかに広報ブログにもあったように気持ちが沈みがちな話である。 しかし同じ昇格争いをしている神戸からは発表は無かった。一刻も早く発表するのが選手の為にという考えもあるのだろうが決戦前に方や発表、方や発表なし。まさか神... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/02 10:14
望のプレゼント
 FC横浜が優勝を決めた後のキックオフ。巌の美しいゴールの後、ゲーフラにもあった、石川が決める気がするが現実となった2点目。ここまでは良かった。途中経過では神戸は1点ビハインド。ところがフッキの動きについていけていない祐三が気になっていた矢先に悪夢の逆転劇がはじまる。結果、今シーズン最悪クラスの逆転負けを見舞われてしまう。  今期のレイソルはここを勝っておけばという試合を何度落とした事だろう。何点リードしていても何度追いつかれた事だろう。思えば開幕戦の湘南に試合終了間際に同点にされ、勝ち点... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 22:04
なんとも言えない心境
 今シーズンは残り2試合なのか4試合なのか。アウェーに弱いレイソルは入れ替え戦に出た場合は先にホームで戦うのでここで一つ計算できる。問題は文字通り最終戦になるアウェーだ。 シーズン中勝てないチームが勢いだけで勝てるほどJ2で3位の実力では甘くないはずだ。  なんだか入れ替え戦ありきみたいな論調だが仮に残り2連勝しても自動昇格は他力本願なのでついついネガティブスパイラルな思考になってしまう。しかし!である。やっぱりまずは明日の札幌戦だ。これに完勝できないようだとそもそも来年J1で戦う資格がない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/25 17:24
残り2試合 or 4試合?
海外出張から成田空港についた瞬間に携帯で結果アクセス!午後4時をまわっている。何故か先に順位表を見てしまう。がーん!!レイソル3位じゃないか。負けたのか!!!あれ?上と差がないぞ。神戸と勝ち点が一緒??神戸、横浜共に引き分け?ていうことは上位3チーム誰も勝ち点3を積めなかった?でも肝心のレイソルだけが負けてちゃ意味がないじゃんとブツブツ考えながら帰宅。録画を見る気がしない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/24 10:34
あと3つ!
楽な試合なんぞ一つもない。シーズン前から覚悟していたはず。それでも一度くらいは大勝してくれないものかという期待がいかに愚かかと改めて教えてくれた厳しい試合だった。 相手は負ければJ1行きが完全に潰えてしまうベガルタ仙台。サポーターの数も相当だ。 レイ君もいつもよりは相手サポへのパフォーマンスが控えめだ。レイ君なりに緊張しているのか良く考えて必要以上に相手を燃え上がらせないようにしているのか。スタンドの空気もやっぱり負けたら大変だという空気が張り詰めているような気がしてならない。 ゴール... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/18 21:35
祐三の話
J's Goalでの脇本カオルさんの試合後レポート。祐三が言った言葉として、『選手生命が終わってもいい』と右膝靭帯の痛みを堪えて出場を決意していたという。サポーターとしてはグッとくる言葉ではあり、拝みたい気持ちにすらなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/12 17:54
Control its own destiny
直訳すると自分の運命は自分でコントロールする、できる。良くNFLのプレーオフ出場争いで残り試合の関係から自力解決できるか他力本願ではない状況の表現に使われる。  今日のレイソルが激闘を戦い抜いて得た勝利の勝ちは余りにも大きく、まさに昇格への自分の運命を自分でたぐりよせた。次節は神戸と横浜が直接対決する。どちらのチームも引き分けで勝ち点1。負けるとゼロ。レイソルは仙台に勝利する事が条件だ。ここで仙台相手にホームで戦える事は大きい。残り4試合。全勝すれば悲願の結果がついてくる。  試合は開始直後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/11 20:41
U−19にあやかりたい
宿命のライバル、韓国と決勝進出をかけた準決勝。正真正銘の激闘。最初はま、U−19だし柳も桐も出ていないしと自分を自制しながらテレビでの試合観戦に入る。しかし相変わらずインドのグラウンドコンディションは悪そうだ。雨の影響もあり、両チームのプレーヤー共にプレーがぎこちない。   同点の展開で柳が交代で入らないかなーと思っているうちにJEFの青木が投入される。 高校選手権でDF二人を引き連れて最後は驚異的なスピードと自らの裏だし(たぶん、技の名前があると思う)で相手DFが一瞬ボールを見失った隙に縦... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/09 23:17
気合入りすぎると見えなくなる。
今日の横浜戦。一心同体のカンバン登場。ところがまるで前が見えない。果たして成功だったのだろうか。気合入りすぎると見えなくなる。今日の試合を象徴していたのかもしれない。前半は探るようにリスクを犯さないサッカーが両チーム続く。そしてレイソルが歓喜の先制。またかと思わせるアウグストのハンドを見逃した副審のアシストも利き、横浜も負け時と前半残り少ないところで同点。ただハンドはバックスタンド側を向き、主審の死角での出来事でアウグストの巧妙なプレーとも言えるし偶然とも取れるのであまり文句は言えず。後半に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/29 00:20
巻き返しに向けて
水曜日以来、空虚な日々が続き、そして明日は神戸と横浜の敗戦を祈る、嫌な自分がいる。気晴らしに広報ブログの横井さんの記事を読む。感動極まりない。その場にいたら泣いてしまいそうだ。フランサまでが怪我をした後のディエゴの話。全治2−3週間の捻挫にも関わらず、自分も愛媛へ行くと言い出し、捻挫の足が大丈夫だと階段を上下して見せてまわり、しまいには愛媛に向うバスが出発する寸前まで石崎さんに直訴し、説得され続けたとか。確かに勝利の後の美談にはならなかったけど、横井さんの言うとおり、レイソルサポーター全員の心を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/20 23:31
Challenge 6?
愛媛に完敗。嫌な予感が的中してしまった。予感で言えばこれで次のホームは必ず勝つ気がする。試合後のユキヒコのコメントが勇気を持たせてくれる。それにしても期待のドゥンビア不発は本当に残念。フランサが何故か欠場の中、最高のチャンスだったのに。失点を呼び込んだ蔵川もめげずに次へのステップアップにつなげて欲しい。今日はフテネするしかない。週末の番狂わせを祈りながら。入れ替え戦いやだよー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/18 23:18
Challenge 7
ベルディーに快勝。今日はどうしても柏の葉へいけず、テレビ観戦。祈るような気持ちと緊張感で一杯。そんな不安を吹き飛ばすような溌剌としたレイソルのプレーが続く。  そして待望の先制点!蔵川が右サイドから相手DFをあざ笑うかのようなフェイントで抜け出し、ニアのディエゴへ。ディエゴからボテボテで戻ったボールを蔵川がネットを突き刺す。まだ緊張解けず。  10分後の前半36分、負傷したディエゴに交代したユキヒコが自陣から前線の亮へフィード。亮が冷静に中央に走るリカへパス。リカがこれまた走りこんだタツヤへ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/14 18:12
ドゥンビア
日本代表とレイソルの共通点。脅威に感じるFWがいない事ではないか。脅威とは抽象的だがレイソルで言えばかつてのエジウソン、ストイチコフ、古くはカレカ、ミューレル。皆世界レベルだったわけで彼らのレベルを欲するのはあまりにも無理な注文かもしれない。ただ今期のJ2の個人別得点ランキングを見てもレイソルのトップはディエゴ。しかしながらとてもディエゴは点取り屋とは言い難い。実際試合を見ていてもコンビーネーションから最後にディエゴが決めたケースが多く、ディエゴ独りが凄まじい突破をしてゴールしているわけではない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/04 22:00
前を向いて
鳥栖に年間負け越し決定。仮に柏がJ1に上がれたとしても鳥栖には大きな自信を与えてしまった。試合内容も先制までは良かったが、その後、システムを守備重視に変え、1点を守るサッカーに。とてもJ1を見据えてのチーム作りとは程遠い、目の前の勝ちにこだわった徹底振りだった。 しかし、失点。同点にされ、なおも勢いづく鳥栖に対してレイソルの前線はまるで得点の予感がしないウノとユキヒコ。そして前線へのフィードを焦ったのか、南がプロとは思えない、小学生GKなみのミスを犯す。相手シュートはW杯クラスでもなんでもない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/01 16:10
波乱なき生き残り決定戦
42節は波乱があると予想したが見事外れ。柏、神戸、横浜とそれぞれ相手を撃破。ふがいないのは仙台。やる気を感じられない惨敗ぶり。ボルジェス(怖い)、ロペス(うまい)の決め手二枚を持ち、得失点ではリーグ首位クラス。いずれにせよこれで3位と4位の勝ち点差が12開き、残り9試合の首位レイソルとは14点離れた。計算上、仙台が残り全勝したという前提でもレイソルは 5勝4敗とか4勝2敗3分けすれば3位以上確定。入れ替え戦の権利を入れるとJ1復帰までほぼ安全圏に突入した。後は優勝および自動昇格争い。今週こそ山... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/28 08:17
審判
この時計は4級審判取得後に購入したもの。フットサルや審判をやる時に使っている。何が便利化というと審判専用だけに、レフリーモードというものがある。これはようはタイマーだがうまくできている。二つのタイマーが存在し、一つがメインでフェイス大き目。もう一つがそのメインの下にやや小さめに存在する。例えば45分セットした場合、左のスタートボタンで試合開始。メインタイマーはゼロからスタートし、45分まで数えていく。下のサブタイマーは逆に45分スタートで逆算してゼロへ向っていく。試合が止まるたびに右上のボタンを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/21 07:04
挑戦者の権利
すでに3位の横浜FCが水戸に勝ち、首位を走る神戸が4対1と最下位徳島を圧倒している最中でキックオフ。ディエゴを欠くレイソルは佐藤由紀彦をFWで先発。サブもDFなしのGK+FW4人。李忠成がベンチしているのが明るい材料として嬉しくなる。   さて試合前。レイ君が絶好調。フェンスに身を乗り出して一緒にコール。相手草津側にもいつものようにお出かけ。ところがここでユーモアたっぷりなレイ君のパフォーマンスに草津サポが喜び、レイ君コールをしてくれる。柏側からも暖かい笑いが。レイ君も御礼とばかりに草津コ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/17 11:17
雨の三ツ沢
よもやの二連敗。ピッチが雨にぬれボールが止まる、はしりづらそう、スピードがまるで生かせない。その上、FKのワンチャンスを決められてしまった。(ちなみにきっかけのプレーはディエゴのイエローだが家に戻ってビデオで確認する限り、どこがイエローだボールだけをちゃんと蹴っているではないか!)致命的に崩されたシーンは一度か二度程度。試合は柏が支配していたし、セカンドボールも良く取っていた。痛い敗戦だがこういう試合はどうしてもある。大事なのは勝てる試合はきちんと勝つ事だ。以上、半分負け惜しみを自分に言い聞かせ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/14 06:49
決戦!
いよいよだ。いや、そこまで気負う事なない。今日の横浜に例え負けたって神戸次第ではまだ首位だ。違う!そんなネガティブな事を想像している場合じゃない。横浜FCに勝てばいいのだ。 DF陣壊滅状態に対して近藤いきなり先発+大活躍&やけくそのフランサ先発+大活躍で心配をよそに5対0の大勝!とかにたまにはなってくれないだろうか。頼むよ。ホント。どうも今夜は雨らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/13 06:32
強運
J2新記録間違いなしのイエローカード連発ゲーム。やっぱりかという気持ちの敗戦。ここで勝って相手を蹴落とせないのが今年のレイソルらしい敗戦。困った事にほぼ死に掛けていた仙台に『希望』を与えてしまったには違いない。あまりレイソルにとって決定機がそう何度も訪れたような試合には見えなかった。得点力不足がまたもやリマインドされた内容。しかし見所もあった。リカの突破も凄かったし(あれを決めて欲しかったあ)、フランサもすっかり貫禄帯びている。どちらかというとディエゴがいまいちだったのかもしれない。いずれにせよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/09 21:15
フットサル
今日はフットサルの日。会社から一時間くらいのところのレンタルコートで月2回のペース。 初めてやったのが2年ほど前。このときは開始3分で肺が爆発するのではないかというほど苦しくなり、動けなくなった。以来、ランニングを始めたおかげで現在は2時間の練習の中で後半になるほど年寄りの多いチーム内ではこちらが妙にうまくなったのではないかと錯覚する程、得意の時間帯になる。ようはみんなスタミナ切れになってもこちらは元気というわけ。一番嬉しいのは前半1時間はサッカー経験者に対して手も足もでないのが後半残り30分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/08 07:47
平山君
平山君と言っても今回はレイソルの平山君じゃない方。オランダで戦力外通告を受け、Jリーグに参加するらしい。大阪2チームが獲得意欲ありと。FWとして彼は大成するのであろうか。 FWと言えば昨日のアジアカップ予選の対イエメン戦のようにとにかく日本代表は点が取れない。国民性というのか農耕民族らいしいというのか。出る杭打つ教育、みんなと異なる事を良しとしない美徳などなどいろんな日本人の価値観が混じった集大成が日本代表FWの点の取れなさぶりにつながっている気がしてならない。話を平山君に戻すと気になるのは彼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/07 07:52
マニフェスト
前からのテーマでどうしたらレイソルが繁栄するか。  たまたまAwayのチケットって入手しやすいのかと他チームのサイトを見た。そこで正直驚いたのがとあるチームのフロントがマニフェスト宣言をしている。たぶん当時の選挙戦のはやり言葉をそのまま使ったのではないかと思える内容。マニフェストといいつつ、自チームの運営がいかに厳しいかを訴えている。それで解決策は平均のホーム入場者数をXXXX人にあげるとある。こんなもん計算すればわかる事であり、マニフェストでもなんでもなく思える。どうやったらそこに達するのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/05 22:01
冷や汗チケット
日曜日10時ちょっと前から観戦チケット販売サイトを開いてスタンバイ。自慢の電波時計とにらめっこしながら勝負の時を待つ。そして10時ジャストに更新ボタンをヒット!すると奇跡的に目当ての試合が予約可能に字が反転する。喜び勇んでチケットの枚数を入力。やや反応が遅いが順調だ。そして他の試合を予約するというボタンも出現し、少し危険かなと思いつつ思い切ってクリック。そしてこれまた順調に横浜戦に続いて仙台戦もゲット。後は支払いだ。そして最後の画面へ。この画面をクリックすると確定らしい。そしてクリック。が!!こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/04 06:08
大きく前進(おめでとう達也)+なんでこうなの?
予想通りの苦戦。湘南にたびたび主導権を握られる中、何とか北嶋のヘッドで先制。狙ったのか?という疑問はあるが後輩を呼んだ北嶋の面子もあるのだろうし文句は言うまい。祐三の交代に加え、山根もダウン。DF二枚いなくなり、入ったのが李忠成と蔵川。この二人が良く頑張った。 加えてフランサはやはり絶妙である。試合を決定付ける2点目がとにかく美しかった。まず相手陣内左サイドでチュウソンが粘り、ノールックパスをディエゴへ。ディエゴからフランサへ渡り、フランサはワンタッチで左に走りこんだ平山へ。平山はシュートせず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/03 08:40
湘南戦 必勝祈願
二週連続で胃が痛い。いや、下位争い始めてからずーとか。と開き直っている場合じゃない。相変わらず点が取れないレイソル。取ってはいるがなんかスカッとしない、いつもギリギリである。 数えたら今シーズン20勝中、2点差以上の勝利は6試合しかない。調べて見ると横浜は7試合。神戸が9試合。こんなもんなのかと変な安心した。横浜サポも神戸サポも同じような心境なのだろうか。横浜も神戸も7月から負けていない!どうりで柏が苦労するわけだ。しかし!明日は2位横浜と3位神戸のつぶし合いだ。引き分けじゃない限り、1チーム... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 23:46
浦和営業収入トップ。だからどうした。
報知スポーツ情報。浦和は年間で60億円(記事は10ヶ月決算と入っていたので年間は推測)ぐらいの営業収入で2005年度J31チーム中トップらしい。浦和の社長はもう少し体力をつけてからアジアに出て行きたいとの事。ここで世界レベルでどうなんだろうとちょっと調べて見た。2003年度ではあるがトップはマンUで360億円くらいの営業収入。続いてレアルが330億円ぐらい。三位がACミランで310億円程度。中田が在籍したローマで140億円レベル。日本と世界のトップ同士をくらべるとざっくり6倍の違い。利益の話を横... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/30 18:05
スペクタクルドラマ、日立台
ぐったりだ。選手もそうだろうが観ている方も。このギリギリで勝つというパターンはここまでくるとわかってても観てしまう黄門様の逆バージョンとでも言うのだろうか。しかも最後必ずしもハッピーエンドでは終わらない。試合前のちょっと一言。開始20分前くらいで愛媛イレブンがアップで登場。ここでちょっとした出来事が。なんと愛媛はいきなり黄色に染まったレイソル側のゴール裏に向かってくる。そして一同整列して挨拶。こんなチームは見た事がない。バックスタンドも自然とそのさわやかな姿勢に拍手喝さい。ところがゴール裏は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/27 08:39
まだ運がある
ベルディにも大敗。どうしたレイソル。横浜がある程度予想できたが引き分けのおかげで何とか首位は維持。しかし好調神戸がしっかり勝利し、横浜と同じく勝ち点2の差に。次節神戸とベルディだが。横浜も札幌相手で順位やリーグに対するモチベーションを考えるとそれでも愛媛相手の柏の方が有利なはずである。しかもホーム。戦術的には素人なので偉そうな事が言えないがそれにしても失点しすぎ。前線がプレスをまったく怠っていてDFの負担が増えているようには見えない。何かがおかしい。愛媛戦で巻き返して欲しい。菅沼君も静かにしてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/23 23:23
イエローハウス参加感想
レイソルを変えて行こうという取り組みに対する意気込みは試合を観にいく度に感じていた。さらに外からの声を聞こうという姿勢を背景に持つイエローハウスに出てみた。感想としてはこちらの意見や質問に対する受け答えも丁寧に回答をしてくれ、想像以上にフロントの方々は真摯にレイソルの事を考えているんだなと正直安心感すら覚えた。どこまで伝わったのかは不明だが私からは2点お願い。一つは先の記事にも書いた『世界観』をもっと持って取り込んで欲しいとの事。具体的にはいきなりバルサにはなれなくてもJ1復帰したとしてアジアチ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/20 22:34
柏レイソル100年構想
昨年の入れ替え戦を彷彿させる惨敗ぶりを喫したレイソル。昇格後云々の話が出始めていたが4位チームとたいした勝ち点差があるわけでもなく、混戦がまだまだ続くかもしれない。 さて、柏は昨年の降格を機に、サポーターズカンファレンスを開催。主旨としては柏レイソル側とサポーターで柏レイソルを良くする為にはどうすれば良いかを話合う。すでに7回目を迎えるそうだ。その7回目の定員10名募集に何気に応募したら当たってしまった。相当くじ運が悪い自分が当選するという事はよほど皆さん、そこまではしないという事で定員割れし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/13 22:52
今週
鬼門の一つであった徳島戦。今回はテレビ観戦。前半は悪い時のレイソル。しかも先制され、暗澹たる気持ちに。ところが後半から鈴木達也が入ると別のチームに。いきなりディエゴが猛突進し、同点ゴール!そしてレイソルの時間帯の残り15分でディエゴのFKが珍しく決まって逆転。 逆転時には思わずこぶしを突き上げ食卓のランプを殴ってしまったが喜びというよりホッとしたのが正直な印象。ただ試合後のコメントや選手の反省振りを聞いていると首位チームらしい冷静ぶりが伺われた。なんとなくこれは昇格は大丈夫ではないかと初めて思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/27 22:00
完勝したのか
対神戸戦。久しぶりの日立台。結果は3対0。スコア的には完勝だが石崎さんのやや浮かれ気味ではありながら反省の言葉の中にも伺われた懸念点。相手がこれは柏強いぞと思ったが、運が良かったなレイソル。次はこっちのもんだと二者択一の場合どっちに感じたかといえば間違いなく後者だろう。明らかにレイソルは運が良かった。運も実力とは言うがトーメのイエローは2枚とも不可解。先制点だって壁に当たって入った。数的に不利になってからはレイソルに1点しか与えなかった。詰めの甘さは次節以降致命傷になりかねないという事を今一度肝... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/17 17:05
札幌戦
第三クール初戦の札幌に敗れた。やっぱり強くないなレイソルはと不安を覚える。よく見ればJ1に上がれる保証のない3位との勝ち点差なんぞ無いに等しいではないか。頼むから神戸戦は勝って欲しいものだ。遠く柏までいく身にもなって欲しい。これは無理か。さて期待に中々応えてくれないドゥンビア。アフリカ生まれとしても是非活躍して欲しい。ドログバ並みの凄さで。なんかおっさんくさいだよな。得意の年齢詐称(実は戸籍が無くて故意による詐称のつもりじゃない場合もあるらしい) じゃないだろうに。フッキやアンデルセンみたいな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/15 00:44
サッカー三昧?
いつも同じメンバーで試合を観に行っているが、正直この三人で見た試合でレイソルが勝った試合っていつだっけ。もしかして俺たち厄病神なのか?と思いながらベルディー戦、試合開始を待つ。そこへまだ金曜の深夜の取引相手のアメリカ人から電話。日本好きで何度か日本の野球は出張の際に見に言って面白かったとは言っていた。試合開始5分前の自由席裏へ移動したがコールのトーンで自宅にいないのがバレバレ。今度はサッカー連れていってくれと。おあいそでいいよと返事したものの、アメリカ人にレイソルの良さがわかるのだろうか。サッカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/11 07:29
愛媛に勝利
仙台戦で劇的な勝利を挙げた次の試合。ここで負けてたらまったく意味がない。そんな意気込みはまるで感じない試合運びのレイソル。チャンスらしいチャンスは本当に少なく時折見せるミドルシュートくらい。そしてサイドから崩され、菅沼にヘッドを喰らった時には今日は負けかもしれんと覚悟。そんな中で決めてくれたのがリカルジーニョ。この1点を守りきり、何とか勝利。今日は負けても不思議ではない試合だった。日程を考えると責めるにはあまりにも酷な気がする。それでも3点勝ち点を取ったという事は高い評価に値すると思う。今日も負... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/21 00:17
玉田とレイソル
第一クールを無事?首位で通過したレイソル。監督の違いだけでなんて安堵感がこうも違うのか。強さが本物かはまだ未知数だと思う。横浜は負けないし、仙台も強い。札幌だってこのままだとサポーター怒り頂点状態だ。やはり3位以内が確信できるのはまだまだ先だろう。さて、玉田だ。出て行った時は仕方がないな。プロの選手として。W杯の可能性を26歳で捨てるわけにはいかない。それに確信してたのは玉田は点取り屋じゃない。玉田のスター性に負けたのかチーム構成を玉田ありきにしたころからレイソルは弱かった。点が入らなくなった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/09 22:07
6連勝達成。次は横浜だ!
J2開幕7節目終了、6勝1分勝ち点19。2位に勝ち点7をつけての堂々たる首位。これがここまでのレイソル。期待以上の出来だ。第7節目は愛媛FC。先発での変化点は怪我の北嶋に代えてフランサ。前半で交代してしまい、結果はでなかったが時折魅せる得点への組み立て、妙技はやはり期待感を持たせてくれた。試合の方は結局なんとなく柏と愛媛の総合力の差というか安定力の差なのか柏が試合を次第に支配していくものの、決定機らしい決定機も柏には訪れず。むしろ愛媛のワンチャンスの中で元柏の菅沼のシュートに肝を冷やす。後半に入... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/06 07:19
単独首位
テレビ観戦で声が枯れてしまった。相手はベルディー。負けると残り3回も対決するだけに先勝しておきたかった試合。開始直後にキタジが絵に描いたような弾丸シュートを右サイドから叩き込む。ガッツポーズ。バジーリオってあんな強面だったっけ? 相手のFWで嫌なタイプとして新潟のエジミウソンがいるが同じく頭はツルツル。というかスピードがあり一発でやられる印象が強いタイプ。と心配が的中。あっというまに弾丸ヘッドを決められ同点。だんだん調子に乗り出すラモス。そして前半終了間際に今度は逆転ゴールを許す。テレビ前でガ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/02 21:11
祝!首位
とりあえず首位だ!!石崎さんいいですねー。前が前だけに安心感がある。チーム作りの方向性は間違ってないという確信めいたものが頭をよぎりました。選手層も厚い!ウノ、フランサ、イチュウソンが控えなんて。   先週、よせばいいのにふと名古屋の試合をテレビでチャネルまわした瞬間、名前は忘れたが(そんなわけがない)某元28番がマッハで飛び出して見事アシスト。ため息が出てしまいましたが今日でふっきれたぞ!J1にあがるときは首位通過だ!ちなみに開幕戦、引き分けてしまいましたが今までと比べてやや(本当に微増)サ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/11 18:17
開幕戦チケット
練習試合と言えど、京都に3-1で快勝したからのか、みんなキタジをみたいのか、朝から全然会員専用チケットサイトに入れず。今までのレイソルの運営を考えるとそんなわけではなく、またもやサーバー許容範囲超えたとか予想できるのに対応していない得意の不手際ではないかと勘ぐってしまう自分が悲しい。何をともあれ結局LAWSON電話予約でゲット。楽しみだー。社長が連発する頼りないコメントを聞くたびにJ1復帰は良くて5年後かな。それまで日立サポートしないだろうなとか不安になっていたがどっこいよく見ると結構まともなチ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/12 09:49
前が酷いとよく見えるのか
少しずつ明らかになってきた2006年レイソルの形。まずは指揮官。広報日記を見ている限り、石崎監督はシンプルなコンセプトを持っていて、選手も何をやるべきなの理解しやすいのではと思った。サポーターへの姿勢も賞賛に値する。Jの監督業として未知数のラモス監督じゃなくて良かったと確信。もしかしたら西野さん解任して以来、祟りのように続いた駄目監督に終止符を打つ時がきたかと期待感が高まった。  次に外国人。リカルジーニョ復帰は少しの驚き。ただ予算的にも実績的にも怪我さえなければ安心材料であろう。J2を舐めて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/29 16:37
J2になってしまったレイソル
気が付けば主力7名もいなくなり、昨年とはまったく別のチームに。日本の野球が特異体質で主力選手の移籍が少ない事にまだ慣れていないのかも知れない。毎年のように選手が変わってくると応援する方は特定の選手がそのチームにいるからそのチームが好きなんではなくて誰がいようとそのチームが好きだから応援するという本来のあるべき姿に近づいていくのかもしれない。さてレイソルだが今年はどうだろう。昨年感じた不安は解消されず。というのはフロント。どこの世界でも頑張ったけど結果が出なかった。運がなかったというにはある。ただ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/22 06:47
J2へ
昨年に続き、二年連続入れ替え戦。第1戦のアウェーを落とし、ホーム日立台にかける。結局大敗をきっした。試合前にひっそりと駅裏にある昇格記念碑を発見。ちょうど10年前に歓喜の昇格だったんだなと。一度落ちたらまた記念碑は作れないな、どうするんだろうとふと頭をよぎった段階でなんとなく敗戦を予感していたと思う。試合後、社長さんが挨拶。原因をハッキリと分析し、要点をかいつまんで説明した楽天神戸の三木谷さんと比べてみるとお粗末。これから原因分析する、来年こそはJ2に戻ります、お約束します。未だに分析始めてもい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/12/11 10:39
レイソル、入れ替え戦出場権利獲得
以前、アルシンドに調子に乗られ、7点くらい取られた悪いイメージしかないベルディとの決戦。相手は負けたらJ2行き決定。結果は5-1の圧勝。玉田、レイナウド、クレーベル、明神抜きでから驚きだ。勝ち越された川崎が後がなくなり、中央によりがちになるのでサイドから積極的にという指示があったと試合後の解説でわかったがそれにしても玉田なしの方がチームとしての完成度があがるのではないかと思っている。少なくてもFWは技術がない分、体力勝負で前線でプレッシャーを与える事を重要課題とすれば、若手日本人を積極的に起用す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/27 18:51
葉っぱで勝利!!
いやー、声が枯れました。4点も取るんだもん。開始1分くらいで先制されたときには頭を抱えましたが。レイナウドはゼを思い出させる風貌かと思いきや、シュートの精度は雲泥の違い。これからも期待できそう。問題は果たしてフランサがプラスになるのかどうかだ。個人的には上位チームとやるには必要な気がする。レイナウド、玉田、クレーベルと相手が怖がる決定力のある3枚に加えてフランサが活躍できればと。ちょうど新潟のブラジル3人衆に加えて玉田がいる感じで。玉田も本当にうれしそうだった。1点目は良く走っていたと思うしレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/04 01:22
J再開!
チケットまでとっていたのに仕事の都合でやむなく自宅観戦。期待のレイナウドとフランサを見る。それにしても酷い主審のゲームマネジメントだった。調べてみるとこの人はしょっちゅう問題起こしている人と判明。こんな主審に当たったというのは運が悪いとしかいいようがないがプロの試合なんだからあんまりレベルの低いレフェリーもサッカー発展の妨げになるのでぜひ若い世代を海外留学とかさせてほしい。もうやっているのかなそんな事は。試合のほうだがレイナウドはまずまずだった。ただし決定力は鹿島のアレックスミネイロのレベルは期... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/23 07:11
えーっって思うこと
レイソルに惚れて早12年チョッと。新聞の切れ端に柏、Jリーグ入り目指すという記事を発見したのがきっかけ。正確にいうと92年のJ開幕の時に存在は知っていたがわざわざ観に行くまでもなかった。そしてJ入り2浪目が決まったあたりから俄然注目しだす。戸塚、柱谷が入りついに伝説のカレカが入団(カレッカじゃないのか)。初応援は確かセレッソ戦だったような気がする。フェンスが低く、サイドラインにいる選手が触れそうであまりの近さに驚いた覚えがある。カレカに対して日本人が3人がかりでボールを取りにいくのも圧巻だった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/13 09:47
フランサ発表!!
かなり期待感を持ってしまう。レイナウドとサンパウロで2トップを組んでいたというからコンビネーションが問題ないというのが大きい。怒涛の連勝でいきなり柏が上位進出で結局終わったりして。すると玉田は?という疑問。玉田に関しては使わなくなると確実に観客が減るのでとりあえず1.5列目で使い続けるしかないのであろう。僕がチーム運営を任されたら玉田は高い金で他のJへ放出。その金を外国人獲得資金にまわす。アフリカあたりの若手有望を2枚くらい獲得し、野球のドミニカ事務所みたいにレイソルは他球団に先駆け、ガーナあた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/05 05:48
玉田
北朝鮮戦、敗戦。玉田先発の喜びとうらはらになんとなく嫌な予感はしていた。で、君が代のシーンでなんか眠そうな玉田を見て、なんつー表情しているんだ。やってやるぞ!見たいな闘志はないのかとふと不安に思った事が的中。前半終了間際に一発いいシュートを放った以外はチャンスメークをしたといえばしたようなそこそこの存在のプレーで終わる。後発の巻は戦術要員かな?程度であったのと田中も格別なにかした、しそうというわけでは無かったので助かったとも言えるが。少なくてもあれでW杯でゴールできるつもり?という疑問は拭えず。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/31 23:34
ホントか?フランサ
鹿島と言われていたフランサ獲得情報が数日前に急遽柏で決定的というニュースになった。カシワとカシマ。間違われやすい(?)名前だけに本当であって欲しい。どうもドゥドゥ、マル塩、クレーベルとヌボーっとした系ブラジル人が多い柏でレイナウドもそれ系らしい。点が取れないFWを腫れ物扱いで1枚は不動である以上、もう一枚のFWはポスト専門より点取り屋もしくはジャメーリのようなゲームメークもでき、点も取れるような選手が欲しいところ。どうかフランサが純粋な点取り屋である事を願う。それにしてもフランサの情報は元ブラジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/29 06:51
レイソルはどうなるのか
7月23日(土)のマリノス戦。3連勝期待を不安にさせるクレーベルの欠場。 BS-iでのデジタル放送中継!!デジタルは本当にいい。肝心に試合はというと結果はスコアレスドロー。両小林はいい。でも玉田が本当に駄目だ。いざという時のゴールを狙うという怖さが見ていて伝わって来ない。そこでパスはないだろー、強引にシュートしても怒らないのにというのがまたもやこの試合であった。レイナウドは使い物になるのだろうか。ならないとすると後半戦も降格ゾーンをうろちょろしそう。写真は昨年の入れ替え戦、第2戦勝利後。入れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/24 14:35

トップへ | みんなの「柏レイソル」ブログ

せいじの日記 柏レイソルのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる